日立市日高町:安良塚古墳群

過日,安良塚古墳群(茨城県日立市日高町)を見学した。 日立市教育委員会編『茨城県日立市埋蔵文化財分布地図』(1985年3月)の43頁によれば,安良塚古墳群は,2基の円墳で構成され,澳津説神社の南東にあるやけやま児童公園の東端付近に位置する山の北東側斜面上にある。分布地図上では2基の円墳が東西に並んでおり,西側の円墳が1号墳,東側の円墳…
コメント:0

続きを読むread more

日立市日高町:澳津説神社

過日,澳津説神社(茨城県日立市日高町)を参拝した。祭神は事代主命・宇賀御魂命。 下記のサイトによると,澳津説神社は,天文13年(1544年)に京都伏見稲荷神社の分霊を勧請したのがはじまりで,元禄7年(1694年)に徳川光圀の命により小木津村の総鎮守となり,万治元年(1658年)に現在の鎮座地に遷座し,その後,明治16年,それまでの稲荷…
コメント:0

続きを読むread more

日立市十王町:長者山古墳群

過日,長者山古墳群(茨城県日立市十王町伊師)を見学した。 長者山古墳群は,国指定史跡である長者山官衙遺跡のある愛宕神社境内地の北側に所在し,2基の円墳で構成される古墳群とされている。 茨城大学史学第六研究室・十王町教育委員会編『十王町の遺跡-十王町埋蔵文化財包蔵地分布調査報告書-』(1991年)の39頁及び41頁によれば,長者山1…
コメント:0

続きを読むread more

日立市十王町:十王台古墳群1号墳

過日,十王台古墳群の所在地を訪問し,十王台1号墳(茨城県日立市十王町伊師本郷)を見学した。 茨城大学史学第六研究室・十王町教育委員会編『十王町の遺跡-十王町埋蔵文化財包蔵地分布調査報告書-』(1991年)の25頁及び29頁によれば,十王台1号墳は,全長40~50mで,南西の方に前方部を向けた前方後円墳とされている。くびれ部は掘削されて…
コメント:0

続きを読むread more

日立市大みか町:大甕神社

過日,大甕神社(茨城県日立市大みか町)を参拝した。主祭神は,武葉槌命。地主神は,甕星香々背男。 かつては,倭文神宮と呼ばれていたようだ。現在でも鳥居脇には「大甕倭文神宮」と記された石柱がある。この倭文神とは,倭文神武葉槌命(武葉槌命)のことを指す。 大甕神社は,古くから大甕山上の古宮の地で祀られていたが,江戸時代になり,徳川光圀の命…
コメント:0

続きを読むread more