石岡市若宮:二十三夜尊

2019年4月のことだが,二十三夜尊(茨城県石岡市若宮)を参拝した。本尊は,勢至菩薩。神道においては,勢至菩薩は,月読命とされる。 二十三夜尊の御堂は比較的小さなもので,住宅や商店等に囲まれるような感じになっているので,あまり目立つものではないけれども,石岡市の観光ルートの中にも組み込まれている。 石岡市の二十三夜尊は,神社という位…
コメント:0

続きを読むread more

つくば市樋の沢:月読神社

2014年4月のことだが,月読神社(茨城県つくば市樋の沢)を参拝した。祭神は,月読命。 天慶8年(945年)に創建された古い神社で,明治時代の神仏分離令により月読神社となる前は,二十三夜尊月読大勢至菩薩を本尊としていたようだ。社殿は,極めて興味深いもので,江戸時代~明治時代における信仰を理解する上でも重要な神社なのではないかと思う。 …
コメント:0

続きを読むread more

藤岡市中大塚:平地神社と古墳

過日,平地神社(群馬県藤岡市中大塚)を参拝した。 平地神社の社殿脇に天満宮がある。また,境内には,庚申塔等が多数並べられている。 平地神社の鳥居は,社殿から少し離れた南の方にある。そこから長い参道があり,社殿の手前(社殿の北東側)に古墳がある。 この古墳は,平地神社古墳と呼ばれ,直径33m・高さ3.5mの円墳とされている。 平地…
コメント:0

続きを読むread more

藤岡市藤岡:八坂神社と古墳

過日,冨士浅間神社を参拝した際,同社の北側にある八坂神社(群馬県藤岡市藤岡)も参拝した。祭神は,建速須佐之男命。 八坂神社の基壇部は,奥浅間古墳と呼ばれ,藤岡町2号古墳または奥浅間山古墳とも呼ばれる古墳であり,直径東西30m×南北25m・高さ5.0mの円墳とされている。典型的な古墳神社の形態をとっている。なお,墳丘の上部は,少し盛って…
コメント:0

続きを読むread more

藤岡市藤岡:冨士浅間神社と古墳

過日,冨士浅間神社(群馬県藤岡市藤岡)を参拝した。祭神は,木花開耶姫之。 冨士浅間神社の基壇部は,浅間神社古墳と呼ばれ,藤岡町1号墳とも呼ばれる古墳であり,直径南北40m×東西44m・高さ5mの円墳とされている。基壇部の前面(南側)は,石垣で固められており,城砦のように見えるけれども,基壇部の背後(北側)には墳丘的な部分が多く残されて…
コメント:0

続きを読むread more