オオイヌタデ(白花タイプ)?

古墳見学のために移動中,田圃の脇の路傍でオオイヌタデ(Persicaria lapathifolia)の白花タイプと思われる植物を見つけた。 この個体は,全体にあまり大きくなく,花穂があまり垂れていないため,イヌタデのようにも見える。 類似の近縁種とも比較して検討してみた。 たぶん,イヌタデ(Persicaria longiset…
コメント:0

続きを読むread more

稲敷市江戸崎:鹿島神社

過日,鹿島神社(茨城県稲敷市江戸崎)を参拝した。祭神は,健御雷之男命・健速素佐之男命。 鹿島神社の境内地は,江戸崎城の一部だとされている。 下記のサイトに江戸崎城の古図が示されているのだが,それによると,鹿島神社の境内地は,江戸崎城の二ノ丸~本城所在地に該当するようだ。しかし,あてはめは非常に難しい。そもそも図面の方位がおかしいのだ…
コメント:0

続きを読むread more

稲敷市江戸崎:瑞祥院

過日,臨済宗妙心寺派・江上山瑞祥院竜雲寺(茨城県稲敷市江戸崎)を参拝した。 瑞祥院は,足利尊氏の開基により創建された寺院とのこと。 境内入口付近には堀様の池(ひょうたん池)があり,そこにかかる橋(石橋)も古いものなのだそうだが,よくわからなかった。その池には睡蓮が淡い黄色の花を咲かせていた。 瑞祥院の境内地は,江戸崎城の一部だとさ…
コメント:0

続きを読むread more

茨城県稲敷郡阿見町:若栗古墳群所在地

過日,若栗古墳群の所在地(茨城県稲敷郡阿見町若栗)を見学した。 阿見町の若栗地区には,かつては多数の古墳があったようなのだが,阿見町史編さん委員会編『阿見町史』(昭和58年)の63頁によれば,若栗1号墳(直径13m・高さ2mの円墳・一部削平)を除き,2号墳,3号墳及び4号墳は「現在は湮滅してその所在も明確に判明されない」と記されている…
コメント:0

続きを読むread more

土浦市:常福寺と愛宕神社

過日,新義真言宗・東光山医王院常福寺(茨城県土浦市下高津)を参拝した。本尊は,薬師如来。 常福寺は,平安時代初期に天台宗の寺院として創建された古い寺院で,後に真言宗に改宗となったとのこと。 常福寺の境内地は,台地の縁にあり,墓地区画の北端付近に展望台のような休憩場所が設けられている。この墓地区画は,その東に位置する愛宕神社,国立病院…
コメント:0

続きを読むread more