日立市:水木異国船遠見番所跡と玉澤稲荷神社

過日,水木異国船遠見番所跡(茨城県日立市水木町)を見学した。 説明板によると,水木異国船遠見番所は,鎖国令が出されて間もなくの正保2年(1645年)頃に水戸藩主・徳川頼房の命により,外国船に乗った切支丹が上陸するのを防ぐために設けられた施設とのこと。水戸藩には友部海防陣屋など合計7つの海防施設があった。 水木異国船遠見番所跡の敷地は…
コメント:0

続きを読むread more

日立市:田楽鼻古墳

過日,田楽鼻古墳(茨城県日立市大みか町)を見学した。 田楽鼻は,鋭角的な三角形の岬状の場所であり,それを古墳だと知っている人でも普通に前方後円墳だと思ってしまうような形状をしている。 しかし,日立市教育委員会編『茨城県日立市埋蔵文化財分布地図』(1985)の124頁には,田楽鼻古墳は,円墳であり,「海蝕により,横穴式石室が露出してい…
コメント:0

続きを読むread more

日立市:甕の原古墳群

過日,甕の原古墳群(茨城県日立市大みか町)を見学した。 佐々木憲一・田中裕編『続常陸の古墳群』(六一書房)の91頁によれば,甕の原古墳群は,1基の前方後円墳と4基の円墳の合計5基の古墳によって構成される古墳群とされている。ただし,円墳3基は既に湮滅しているとの記載がある。 日立市教育委員会編『茨城県日立市埋蔵文化財分布地図』(198…
コメント:0

続きを読むread more

日立市:水木古墳群

過日,泉神社を参拝した後,同じ地区の台地上に所在する水木古墳群(茨城県日立市水木町)を見学した。 佐々木憲一・田中裕編『続常陸の古墳群』(六一書房)の79頁によれば,水木古墳群は,1基の前方後円墳と8基の円墳の合計9基の古墳によって構成される古墳群とされている。ただし,調査の結果,水木9号墳は,古墳ではなく築山と判明しているとの注記が…
コメント:0

続きを読むread more

日立市水木町:泉神社

過日,泉神社(茨城県日立市水木町)を参拝した。式内社である天速玉姫命神社とされている。祭神は,天速玉姫命。 泉神社には多数の境内社等があり,全て参拝した。 その名のとおり,弁天社(境内社)の脇から大量の湧水があり,素晴らしいの一言に尽きる。その湧水の水源を探究した調査結果は,浅学にしてよく知らないのだが,普通は,茨城県の指定文化財と…
コメント:0

続きを読むread more