茨城県結城郡八千代町仁江戸:薬王寺

過日,天台宗・東福院日照山薬王寺(茨城県結城郡八千代町仁江戸)を何度か参拝した。 住職から直接に御教示いただいたこともある。薬王寺の由緒や本堂の建替えと関連する事柄だけではなく,仁江戸地域にあった古墳のかつての様子などについても懇切に教えていただき,勉強になった。まことにありがたいことだと思う。 本堂はとても立派なものだった。 ま…
コメント:0

続きを読むread more

胎内市:城の山古墳

過日,緒立八幡宮を参拝した後,クルマで移動し,城の山古墳(新潟県胎内市城塚)を見学した。 城の山古墳は,東西41m・南北35m・高さ5mの楕円形の円墳とされている。かつては前方後円墳説もあったけれども,現在では否定されているらしい。 この古墳からは盤龍鏡が出土しているとのこと。朝廷の命によりこの地に屯田して支配した武人が,朝廷から賜…
コメント:0

続きを読むread more

新潟市:緒立八幡宮と古墳

過日,古津八幡山遺跡を見学した後,クルマで移動し,緒立八幡宮(新潟市西区緒立流通)を参拝した。祭神は,譽田別尊。 私が参拝した日は祭礼の日だったようで,大きな幟が立てられていた。私以外にも断続的に参拝者があったので,参拝者が途切れるタイミングをみて社殿等の写真を撮った。 緒立八幡宮の境内地を含む周辺一帯は,緒立遺跡と呼ばれる遺跡包蔵…
コメント:0

続きを読むread more

新潟市秋葉区古津:廣大寺

過日,曹洞宗・慈雲山廣大寺(新潟県新潟市秋葉区古津)を参拝した。本尊は,光田聖観世音菩薩とのこと。 廣大寺は,古津八幡山古墳が所在する山の北側山裾付近にある。廣大寺の境内地から南の方に登る谷合の狭い道路に沿って集落があり,その奥の山頂に古津八幡山古墳が位置していることから,古くから何らかの縁のある寺院なのではないかというような印象をも…
コメント:0

続きを読むread more

新潟市:古津八幡山遺跡(その2)

過日,古津八幡山遺跡(新潟県新潟市秋葉区古津)を見学した。 古津八幡山遺跡は,信越本線古津駅の北側にある山の上に所在する弥生時代~古墳時代の複合遺跡で,竪穴式住居,方形周溝墓,大きな円墳などが復元され屋外展示されているほか,敷地内に設置されている新潟県埋蔵文化財センター内で出土品等が屋内展示されている。 古津八幡山遺跡の山の上に…
コメント:0

続きを読むread more

新潟市:古津八幡山遺跡(その1)

過日,古津八幡山遺跡(新潟県新潟市秋葉区古津)を見学した。 古津八幡山遺跡は,信越本線古津駅の北側にある山の上に所在する弥生時代~古墳時代の複合遺跡で,竪穴式住居,方形周溝墓,大きな円墳などが復元され屋外展示されているほか,敷地内に設置されている新潟県埋蔵文化財センター内で出土品等が屋内展示されている。同センターの担当者の対応は迅速・…
コメント:0

続きを読むread more

アキアカネとナツアカネ?

昨日,ある古墳群を散策中,小さなトンボを見た。ハッチョウトンボ(Nannophya pygmaea)かと思ったのだが,どうもアキアカネ(Sympetrum frequens)のようだ。 ハッチョウトンボは非常に珍しいトンボなので,そうそう簡単に出逢えるとは思っていなかった。 その古墳群の所在地内を散策しながら山裾の湿…
コメント:0

続きを読むread more

オニヤンマ

今日は,朝早くでかけて遠出し,長時間ドライブで往復して古墳群等を見学した後,暗くなってから帰宅した。 見学先では様々な昆虫とも出会った。久しぶりで木の枝にとまっているオニヤンマ(Anotogaster sieboldii)をみつけ,写真を撮ることができた。 見学の結果は,後にまとめて書くことにする。とても勉強になった。
コメント:0

続きを読むread more

ヒヨドリバナとジガバチ

ある古墳群を散策していたら,ヒヨドリバナ(Eupatorium makinoi var. oppositifolium)と思われる植物が白い花を咲かせているのを見つけた。 その花を観ていたら,ジガバチがやってきた。サトジガバチ(Ammophila sabulosa)ではないかと思われる。
コメント:0

続きを読むread more

アレチヌスビトハギ

ある古墳群を散策していたら,草原にアレチヌスビトハギ(Desmodium paniculatum)がいっぱい生えており,花が満開状態となっていた。  三河の植物観察:アレチヌスビトハギ 荒れ地盗人萩  http://mikawanoyasou.org/data/aretinusubitohagi.ht…
コメント:0

続きを読むread more

ノダケ

里山を散策していたら,ノダケ(Angelica decursiva)の花が咲いていた。 よく観ると,小さなクモもいる。野山は,常に生存競争だ。コハナグモ(Diaea subdola)またはその近縁種ではないかと思われるけれども,はっきりしない。
コメント:0

続きを読むread more

栃木市大塚町:大塚宿古墳

過日,大塚宿古墳(栃木県栃木市大塚町)を見学した。 大塚宿古墳は,セブンイレブン栃木大塚町店の西側隣地にある墓地区画の奥(北側)にあり,同店の敷地からも墳丘が見える。以前,大塚岩家古墳を見学した際にも目にしてはいたのだが,古墳かどうかわからないでいた。その後,栃木県教育委員会編『栃木県埋蔵文化財地図』(平成9年3月)を調べ,古墳だとい…
コメント:0

続きを読むread more

栃木市城内町:圓通寺と古墳

過日,天台宗・星住山松樹院圓通寺(栃木県栃木市城内町)を参拝し,その境内にある古墳を拝見した。本尊は,千手観音。 天長2年(825年)に慈覚大師円仁が開基した古い寺院で,天正7年(1579年)に現在の場所に移されて今日に至っているとのこと。本堂等の建物はとても立派なものだった。 圓通寺の境内には,もと栃木県下都賀郡立栃木農学校(現在…
コメント:0

続きを読むread more

栃木市樋ノ口町:熊野神社と古墳

過日,熊野神社(栃木県栃木市樋ノ口町)を訪問し,その基壇部となっている古墳を見学した。この熊野神社は,個人の氏神のようなものではないかと思ったけれども,敬意を表する趣旨で参拝した。 栃木市史編さん委員会編『栃木市史 史料編・古代・中世』(昭和60年)の47頁によれば,この古墳は,熊野神社古墳と呼ばれ,直径10m・高さ1.2mの円墳とさ…
コメント:0

続きを読むread more

栃木市久保田町:八蛇神社と古墳

過日,八蛇神社(栃木県栃木市久保田町)を参拝した。「八蛇」は「やつさび」と読む。祭神は,大物主神・天照大御神・彦火出見命。 社殿は,八蛇古墳と呼ばれる古墳の上にあり,神社創建当時におけるこの古墳の名称が「八蛇山」だったらしい。典型的な古墳神社の形態をとっている。境内地の西側部分は墓地区画となっており,その区画の前(南側)に庚申塔や供養…
コメント:0

続きを読むread more

ひたちなか市:磯崎東古墳群

2019年の正月に酒列磯前神社(茨城県ひたちなか市磯崎町)を参拝した。その際,神社境内地にある古墳のなごりらしきものがあるのを見つけた。その後,川子塚古墳を見学した際にも,日帰り風呂を利用するために寄ったホテルニュー白亜紀の駐車場付近に古墳のようなものがあるのを見て,その写真を撮っておいた。 後になってから,佐々木憲一・田中裕編『続常…
コメント:0

続きを読むread more

キツリフネ

昨日のことだが,散策中,愛宕神社のある森の中でキツリフネ(Impatiens noli-tangere)が開花しているのを見つけた。黄色の花を咲かせるので,他の草の中にあっても目立つ。久しぶりに観た。  四季の山野草:きつりふね(黄釣船)  https://www.ootk.net/cgi/shikihtml/shi…
コメント:0

続きを読むread more

会津若松市:田村山古墳

過日,田村山古墳(福島県会津若松市北会津町)を見学した。 田村山古墳は,全長24.85m・後円部直径17.4m・後円部高さ2.15mの帆立貝式前方後円墳とされている。八花文内行花文鏡が出土している。この鏡をどう考えるかは,非常に難しい問題の1つだと言える。 一般に,朝廷の命により各地を移動しながら屯田し続ける集団があったと仮定した場…
コメント:0

続きを読むread more

福島県河沼郡会津坂下町:杵ガ森古墳

過日,稲荷森公園内(福島県河沼郡会津坂下町稲荷森)にある杵ガ森古墳と方形周溝墓を含む稲荷森遺跡を見学した。 稲荷森公園は,臼ヶ森古墳の南約400mのところにあり,公園敷地内に稲荷森遺跡が保存されている。公園敷地内の中央やや北寄りのところに杵ガ森古墳の墳丘がある。杵ガ森古墳は,全長45.6m・後円部直径25m・後円部高さ2mの前方後円墳…
コメント:0

続きを読むread more

福島県河沼郡会津坂下町:新舘愛宕神社と古墳

過日,新舘愛宕神社(福島県河沼郡会津坂下町新舘)を参拝した。 鳥居と参道は社殿の南側にあるが,社殿の東側にも鳥居がある。 新舘愛宕神社の基壇部は,臼ヶ森古墳と呼ばれる古墳であり,典型的な古墳神社の形態をとっている。 臼ヶ森古墳は,全長約50m・後円部直径約30m・前方部幅約14mの前方後円墳とされている。前方部は,南西の方を向いて…
コメント:0

続きを読むread more