日立市大みか町:大甕神社

過日,大甕神社(茨城県日立市大みか町)を参拝した。主祭神は,武葉槌命。地主神は,甕星香々背男。
かつては,倭文神宮と呼ばれていたようだ。現在でも鳥居脇には「大甕倭文神宮」と記された石柱がある。この倭文神とは,倭文神武葉槌命(武葉槌命)のことを指す。
大甕神社は,古くから大甕山上の古宮の地で祀られていたが,江戸時代になり,徳川光圀の命により現在の地に遷座したとのこと。
大甕神社の境内地は広く,多数の社殿がある。大甕神社の拝殿・本殿,甕星香々背男社,その周辺にある境内社を参拝した。境内地北西側の国道6号線をはさんで久慈浜稲荷神社と大甕神社祖霊殿がある。
倭文神武葉槌命を祀る大甕神社の本殿は,甕星香々背男の魂を封じたとされる宿魂石と呼ばれる岩山の上にある。
倭文神武葉槌命によって滅ぼされた甕星香々背男を祀る甕星香々背男社は,宿魂石の裾付近にある。
大甕神社の由緒を読んでいると,諏訪大社の上社前宮との類似性のようなものをちょっと感じる。

IMG_7628.JPG
大鳥居


IMG_7630.JPG
儀式殿


IMG_7606.JPG
由緒書


IMG_7616.JPG
大甕神社の鳥居


IMG_7612.JPG
大甕神社の拝殿


IMG_7601.JPG
大甕神社の本殿参道


IMG_7592.JPG
大甕神社の本殿


IMG_7589.JPG
本殿正面の彫刻


IMG_7588.JPG
本殿正面の彫刻


IMG_7585.JPG
宿魂石


IMG_7584.JPG
宿魂石のある山


IMG_7580.JPG
甕星香々背男社


IMG_7594.JPG
境内社(天満神社)


IMG_7598.JPG
境内社(八坂神社)


IMG_7604.JPG
境内社(大杉神社)


IMG_7618.JPG
境内社(稲荷神社)


IMG_7623.JPG
御神輿殿


IMG_7626.JPG
久慈浜稲荷神社


大甕神社本殿が鎮座する宿魂石は,鹿島の神・香取の神による侵攻に抗し続けていた甕星香々背男を倭文神武葉槌命が滅ぼし,その魂を封じた岩山とされている。神話の時代のことではあるけれども,これまでの考古学上の発見等を併せ考えると,ある時代に鹿島・香取の勢力の侵攻を受けて支配者の交替が発生したということそれ自体は史実なのではないかと思われる。
一般に,大和朝廷による倭国の統一と言っても,大彦命の時代,垂仁天皇の時代,応神天皇・仁徳天皇の時代,雄略天皇の時代,継体天皇の時代,白江(白村江)の戦以降の頃などにそれぞれ倭国内における政治的な大変動があり,また,新たな屯田のための侵攻があったように思われる。全国各地にある焼き払われたと推定される弥生時代~古墳時代の集落遺跡等は,その証拠となり得る。この点に関しては再検討を要する。
そのような変動に伴い,既に屯田に成功して繁栄してきた先屯田者が移動または服従を拒み,朝廷との間で争いになることがあったのだろうと想像される。無論,例えば,(後代の平将門の乱にみられるのと類似するような)屯田者の子孫である在地勢力間の抗争もあり得ると考えられる。また,新たに渡来民が大勢やってきた時にも同様のことが何度も起きたのだろうと考えられる。
朝廷から屯田・支配する地の交替を命ぜられる場合に関しては,後代において戦国大名が将軍家から転封を命じられて本拠地を移動するような場合と同じと考えるべきだろう。
そのように仮定した場合,甕星香々背男は,土蜘蛛や蝦夷等と蔑称された蛮族の一員ではなく,先の時代の屯田者であり,國神として当地の支配をもっていた者なのだろうと想像することが可能となる。鹿島の神・香取の神による侵攻に抗し続けたのである以上,同等またはそれ以上の武装(甲冑,刀剣,弓矢など)を十分に装備した軍をもつ集団だったことは否定しようがない。
あるいは,甕星香々背男は,縄文時代からずっと製塩とその交易により栄えた一族の長者であり,國神であった者なのかもしれない。各地方の独立性の高い交易を朝廷が一元支配し,徴税を確保するという歴史的・政治的な流れの中で,当然のことながら抗争が発生し得る。
仮にそうではなかったとしても,常陸國とその周辺における塩の交易による莫大な利益の独占を狙う諸勢力間の抗争が発端となった出来事であったかもしれないとも思う。



 大甕神社
 http://omikajinjya.sakura.ne.jp/

この記事へのコメント