千葉県香取郡神崎町:古原下塚古墳群

過日,古原下塚古墳群(千葉県香取郡神崎町古原甲)を見学した。
古原下塚古墳群は,3基の古墳で構成される古墳群とのことだが,現存しているのは2基だけのようだ。周辺の畑の中に石材が露頭しているように見える場所があり,もしかするとそこが湮滅古墳の所在地なのかもしれないと思ったけれども,はっきりしない。

古原下塚1号墳は,現況で直径約10m・高さ約2mの円墳とされている。しかし,墳丘が相当に掘削されているようで変形しているので,元はもっと大きな古墳だったのではないかと思う。

IMG_7208.JPG
南西の方から見た1号墳


IMG_7204.JPG
北東の方から見た1号墳


IMG_7202.JPG
東の方から見た1号墳


IMG_7201.JPG
1号墳近くの畑の中にあった石材


古原下塚2号墳は,1辺約11m・高さ約2.5mの方墳とされている。墳丘裾から西側と南側は,墓地になっている。


IMG_7196.JPG
北東の方から見た2号墳


IMG_7198.JPG
北の方から見た2号墳


古原下塚2号墳所在地の東約100mのところに天満宮がある。参拝した。
この天満宮の境内地は,古墳とはされていない。天満宮の北側一帯の土地は貝塚の遺跡包蔵地とされているから,古くから人々が住んだ場所なのだろうと思う。


IMG_7219.JPG
天満宮の所在地


IMG_7216.JPG
天満宮の鳥居


IMG_7215.JPG
天満宮の社殿


IMG_7213.JPG
手水


IMG_7212.JPG
句碑



 趣味の案件:神崎町古原下塚古墳群
 https://ankenna.blog.fc2.com/blog-entry-393.html

この記事へのコメント