高崎市:山名古墳群再訪(その3)

過日,山名古墳群(群馬県高崎市山名町)を再訪した。
前回訪問時に見落としてしまった古墳を見学するのが目的だった。現地に到着してみると,全体に除草作業が行われており,見学しやすい状況となっていたので,前回見学した古墳についても丁寧に観て回ることにした。
山名古墳群の南側部分は,全体として枯草状態となっていた。除草剤をまいた可能性があると判断し,個々の古墳には近寄らず,通路部分から観察するだけとした。一般に,現在使用されている除草剤の中には催奇形性のある化学物質に限りなく近い組成をもつものがある。また,一般に,単純に草を刈り取っただけの場所ではバッタ等の昆虫が多数見られるけれども,除草剤を使用した場所では昆虫等の小動物の個体数が非常に少ない。

山名19号墳は,山名古墳群の南東端付近にある。円墳とされているけれども,石の残骸のようなものがあるだけの状態となっている。
山名18号墳は,山名19号墳の西に隣接している。山名19号墳は,直径10.5mの円墳とされている。
山名17号墳は,山名18号墳の南西に隣接している。山名18号墳は,直径11mの円墳とされているけれども,石の残骸の山のような状態となっている。
山名62号墳は,山名18号墳の背後(南東側)にある。山名62号墳は,直径9.5mの円墳とされている。石だけの状態となっている。私が訪問した時には,その手前(北側)に刈り取った草の山のようなものがあり,紛らわしかった。

IMG_6553.JPG
北東の方から見た古墳群南東側部分
(左から順に19号墳,18号墳,62号墳)


IMG_6561.JPG
北の方から見た古墳群南東側部分
(左手前から順に18号墳,62号墳)


IMG_6554.JPG
北の方から見た19号墳


IMG_6556.JPG
北東の方から見た18号墳


IMG_6571.JPG
北西の方から見た62号墳


IMG_6570.JPG
北の方から見た17号墳


山名15号墳は,全長25mの帆立貝式前方後円墳とされている。現況は,形が崩れており,不整形の円墳のように見える。
山名16号墳は,直径14.5mの円墳とされている。現況は,かなり掘削されているようで,綺麗な形をしていない。
山名61号墳は,墳丘がほとんどない。
以上のほか,整理のために石を集めて積み重ねた場所が何か所かあり,かなり紛らわしい状態となっていた。標識を立てて分かりやすく表示すべきだろうと思う。


IMG_6557.JPG
通路中央付近から見た古墳群南西側部分
(左から順に18号墳,17号墳,16号墳,15号墳)


IMG_6573.JPG
北東の方から見た15号墳
(左が前方部・右が後円部)


IMG_6575.JPG
北西の方から見た15号墳


IMG_6577.JPG
北の方から見た16号墳


IMG_6587.JPG
西の方から見た16号墳


IMG_6586.JPG
西の方から見た古墳群南側部分
(左手前が61号墳所在地付近)



 古墳の森:山名古墳群
 http://kofunnomori.web.fc2.com/gunma/takasaki/yamanagroup.htm

この記事へのコメント