オオイヌタデ(白花タイプ)?

古墳見学のために移動中,田圃の脇の路傍でオオイヌタデ(Persicaria lapathifolia)の白花タイプと思われる植物を見つけた。
この個体は,全体にあまり大きくなく,花穂があまり垂れていないため,イヌタデのようにも見える。
類似の近縁種とも比較して検討してみた。
たぶん,イヌタデ(Persicaria longiseta)ではなくオオイヌタデだろうと思う。除草作業で刈られた後に,残った根と茎から再び茎を出して成長し,さっさと開花しているのではないかと考えた。
ちなみに,主たる目的が植物観察ではなかったので,うっかり托葉の精密写真を撮影するのを忘れてしまった(笑)

IMG_8581.JPG


IMG_8584.JPG

この記事へのコメント