新潟市:緒立八幡宮と古墳

過日,古津八幡山遺跡を見学した後,クルマで移動し,緒立八幡宮(新潟市西区緒立流通)を参拝した。祭神は,譽田別尊。
私が参拝した日は祭礼の日だったようで,大きな幟が立てられていた。私以外にも断続的に参拝者があったので,参拝者が途切れるタイミングをみて社殿等の写真を撮った。
緒立八幡宮の境内地を含む周辺一帯は,緒立遺跡と呼ばれる遺跡包蔵地となっている。現況は主に工場団地となっているけれども,緒立八幡宮の北東側隣地は緒立公園として遺跡が保護され,遺跡であることを示す石碑や説明板などがある。
緒立八幡宮社殿の基壇部は,緒立八幡神社古墳と呼ばれる直径約30mの円墳とされている。高さがあまりないけれども,東~北東~北の方から見ると,何となくその雰囲気が残されているように思う。

IMG_6276.JPG
祭礼の幟


IMG_6270.JPG
一の鳥居


IMG_6279.JPG
二の鳥居


IMG_6283.JPG
拝殿


IMG_6280.JPG
本殿の覆殿


IMG_6288.JPG
本殿


IMG_6266.JPG
社殿側面


IMG_6284.JPG
神紋


IMG_6274.JPG
鳥居脇にある説明板


IMG_6254.JPG
遺跡であることを示す石碑


IMG_6255.JPG
緒立公園


IMG_6262.JPG
須恵器大甕の模型


IMG_6259.JPG
説明板


IMG_6290.JPG
東の方から見た墳丘の様子


IMG_6292.JPG
北東の方から見た墳丘の様子


IMG_6298.JPG
北の方から見た墳丘の様子


緒立遺跡を含む新潟市の大部分は,自然堤防的な比較的低い砂丘地なので,大津波や巨大地震があれば甚大な被害が発生するリスクがある。実際,新潟地震(1964年)の際には大きな建物が倒壊し,工業地帯が大きな被害を受けた。
かつてこの遺跡周辺に住んだ人々が造営した古墳が他にも多数あったのかもしれないと思った。仮にそうだとしても,砂丘地の古墳はそもそも脆いということもあるが,自然災害等によって墳丘が失われてしまったのだろうと思う。しかし,その痕跡は,砂に埋もれて今日まで眠っている可能性がある。



 新潟市:緒立遺跡・的場遺跡
 https://www.city.niigata.lg.jp/smph/kanko/bunka/rekishi/maizobunka/shiseki/otate_matoba.html

この記事へのコメント