新潟市:古津八幡山遺跡(その1)

過日,古津八幡山遺跡(新潟県新潟市秋葉区古津)を見学した。
古津八幡山遺跡は,信越本線古津駅の北側にある山の上に所在する弥生時代~古墳時代の複合遺跡で,竪穴式住居,方形周溝墓,大きな円墳などが復元され屋外展示されているほか,敷地内に設置されている新潟県埋蔵文化財センター内で出土品等が屋内展示されている。同センターの担当者の対応は迅速・適切であり,無償で配布されている関連資料等も非常に参考になり,とても勉強になった。

古津八幡山遺跡へは,圏央道~関越自動車道~北陸自動車道経由でクルマで向かった。移動の途中,幾つかのサービスエリアで休憩した。久々の景色を楽しんだ。

IMG_6152.JPG
赤城高原サービスエリアから見える景色


IMG_6154.JPG
赤城高原サービスエリアから見える景色


IMG_6156.JPG
越後川口サービスエリアにある方墳のような展望台


IMG_6159.JPG
越後川口サービスエリアから見える景色


IMG_6251.JPG
新潟県埋蔵文化財センター入口付近


IMG_6252.JPG
説明板


山の上にある屋外展示の中で最も興味深く思ったのは,前方後方形周溝墓と命名されているものだった。
これは,魚の尾のような前方部が附属した方形周溝墓とされている。稲荷森遺跡(福島県河沼郡会津坂下町稲荷森)の方形周溝墓など,他の遺跡でも類似のものが発見されているけれども,前方後方形周溝墓として明確に位置づけられて復元展示されている遺跡は,そう多くはないかもしれない。

IMG_6196.JPG
説明板


IMG_6198.JPG
前方部の方から見た様子


IMG_6193.JPG
側面から見た様子
(左が後方部・右が前方部)


IMG_6200.JPG
斜め前から見た様子



 新潟市:史跡古津八幡山遺跡 歴史の広場
 https://www.city.niigata.lg.jp/kanko/bunka/rekishi/maibun/kuni_furutsuhachiman/

この記事へのコメント