土浦市高岡:法雲寺

過日,臨済宗建長寺派・大雄山法雲寺(茨城県土浦市高岡)を参拝した。本尊は,釈迦如来。
法雲寺は,足利尊氏の命により,復庵宗巳によって創建された寺院とのこと。復庵宗巳は,中国(元)に渡って中峰明本から教えを受けた名僧として知られている。小田氏の菩提寺であり,また,臨済宗中峰派の大本山となっていたという歴史ある寺院。戦乱により一次衰退したが,江戸時代に復興され,今日に至っているようだ。
堂宇は非常に立派で堂々たるもので,本堂の左手(北東)に正受庵があり,正受庵の裏手には宝篋印塔と五輪塔が並び,更にその上(北側)の山の尾根状の場所付近には歴代僧侶の墓があり,その背後に中峰和尚と復庵宗巳の墓がある。
この山の尾根状の場所付近は,立地及び形状から推察して,かつて古墳群が存在した場所ではないかという印象を受けた。

IMG_8464.JPG
中峰派旧大本山の石碑


IMG_8467.JPG
正門


IMG_8474.JPG
参道


IMG_8480.JPG
本堂


IMG_8473.JPG
説明板


IMG_8483.JPG
正受庵・法雲塔院


IMG_8493.JPG
正受庵前の敷石


IMG_8498.JPG
宝篋印塔


IMG_8518.JPG
歴代僧侶の墓所


IMG_8503.JPG
中峰和尚と復庵宗己の墓所


IMG_8531.JPG
稲荷神社


IMG_8537.JPG
板碑

この記事へのコメント