福島県西白河郡泉崎村:新田東山古墳

過日,新田東山古墳(福島県西白河郡泉崎村北平山)を見学した。 新田東山古墳は,全長約28mの帆立貝式前方後円墳とされている。 関和久官衙遺跡の北東約1kmのところにある山の尾根のような場所にあり,一応,古墳公園のような感じで整備された区画の中にある。ただし,墳丘の周囲にロープがはられていて墳丘に直接アクセスすることが禁止となっている…
コメント:0

続きを読むread more

福島県西白河郡泉崎村:関和久官衙遺跡

過日,関和久官衙遺跡(福島県西白河郡関和久)を見学した。 関和久官衙遺跡は,古代の陸奥国白河郡の郡家跡と推定されている遺跡。ただし,大網本廟遺跡の脇にある駐車場敷地内に説明板が立てられているだけで,遺跡包蔵地のほぼ全部が埋め戻されており,現地における郡衙の区画や施設等の復元は行われていないけれども,関和久遺跡で発見された正倉跡をモデル…
コメント:0

続きを読むread more

白河市:小峰城

過日,小峰城跡(福島県白河市郭内)を見学した。 古代から交通・軍事の重要地点だった白河の小峰城は,『集古十種』の編纂者としても知られている松平定信が住んだ城であり,また,戊辰戦争の際の白河口の激戦地でもある。『集古十種』に関しては,以前,ある項目に関して徹底的に調べたことがあり,是非とも訪問してみたいと思っていた城跡の1つだった。 …
コメント:0

続きを読むread more