行方市小高:皇徳寺と古墳群(その4)

過日,過日,曹洞宗・小高山皇徳寺(茨城県行方市小高)を参拝し,その境内にある皇徳寺古墳群を見学した。 皇徳寺5号墳は,皇徳寺4号墳の南西に隣接して所在している。佐々木憲一田中裕編『続常陸の古墳群』(六一書房)の194頁によれば,皇徳寺5号墳は,直径約10mの円墳とされている。現況の高さは,目測で50cm前後。小さな古墳なので,意識…
コメント:0

続きを読むread more

行方市小高:皇徳寺と古墳群(その3)

過日,過日,曹洞宗・小高山皇徳寺(茨城県行方市小高)を参拝し,その境内にある皇徳寺古墳群を見学した。 皇徳寺4号墳は,皇徳寺古墳群を構成する古墳の中で最も大きな古墳で,皇徳寺3号墳の北西に隣接して所在している。佐々木憲一田中裕編『続常陸の古墳群』(六一書房)の194頁によれば,皇徳寺4号墳は,全長約30mの前方後円墳とされている。…
コメント:0

続きを読むread more

行方市小高:皇徳寺と古墳群(その2)

過日,曹洞宗・小高山皇徳寺(茨城県行方市小高)を参拝し,その境内にある皇徳寺古墳群を見学した。 皇徳寺2号墳は,皇徳寺庫裏の東側崖上にあり,庫裏の脇の方から見ると,墳上の墳頂付近が少し凹んでおり,墳丘の西側部分の一部が掘削されており,墳丘の北側の裾付近に石棺の一部が露出しているのが見える。 住職の説明によれば,かつてはもう少し多…
コメント:0

続きを読むread more

行方市小高:皇徳寺と古墳群(その1)

過日,曹洞宗・小高山皇徳寺(茨城県行方市小高)を参拝した。本尊は,釈迦牟尼仏。 皇徳寺は,常陸平氏・大掾氏の流れを汲む小高氏と深い縁のある寺院。平安時代~戦国時代当時における行方の諸勢力とその帰趨について理解する上で非常に重要な寺院の1つだと言える。また,皇徳寺には,行方市の指定文化財である十一面観世音菩薩立像がある。 皇徳寺では,…
コメント:0

続きを読むread more