潮来市水原:仲台古墳群

過日,仲台古墳群(茨城県潮来市水原)を見学した。
仲台古墳群は,3基の古墳(2基の上円下方墳・1基の円墳)で構成される古墳群だったらしいのだが,現況では2基の古墳が残されている。いばらきデジタルマップの表示を頼りに所在地とされる場所周辺を散策したところ,2基とも表示どおりの場所にあった。なお,いばらきデジタルマップ上では,仲台古墳群の範囲と香取神社を中心とする林遺跡の範囲とは重なっていない。
公式の付番があるかどうか不明なので,仮に,西側の古墳を古墳Aと呼び,東側の古墳を古墳Bと呼ぶことにする。

古墳Aは,西円寺水原墓地のすぐ北東にあり,目測で直径15m前後の円墳のように見える。墳丘の西側の土地は墓地となっている。墳頂には供養塔ではないかと想像される石碑が立てられていた。文字がかすれており判読不能だった。その石碑の前で合掌した。

IMG_3677.JPG
西の方から見た古墳A


IMG_3679.JPG
古墳Aの墳頂にある石碑


IMG_3669.JPG
南の方から見た古墳A


IMG_3692.JPG
南東の方から見た古墳A


IMG_3688.JPG
北東の方から見た古墳A


古墳Bは,古墳A所在地の南東約150mのところにある三叉路の角付近にある人家の南側にある。垣根で囲われているが参道のようなものがあり,墳頂には大日天王が祀られている。氏神のようなものかと思ったけれども,敬意を表する趣旨で参拝した。
墳丘のかなりの部分が既に掘削されているように見えるものの,主要な部分が保存されており,きちんと手入れされている古墳だと思った。


IMG_3700.JPG
北の方から見た古墳B


IMG_3702.JPG
西の方から見た古墳B


IMG_3707.JPG
南西の方から見た古墳B


IMG_3705.JPG
古墳Bの墳頂に祀られている大日天王


IMG_3704.JPG
大日天王(日月様)の由緒書



 趣味の案件:潮来市仲台古墳群
 https://ankenna.blog.fc2.com/blog-entry-624.html

この記事へのコメント