潮来市水原:香取神社

過日,香取神社(茨城県潮来市水原)を参拝した。祭神は,経津主神。石製の御神燈には「香取大神宮」と記されている。
香取神社は,古い神社とのことで,潮来町史編さん委員会編『潮来町史』(平成8年)の416頁に「香神神社」として記されている神社が現在の香取神社の前身と思われる。その記載によれば,香神神社は,「15世紀の明応年間,島崎城主の島崎佐衛門尉の氏神として祭祀され,島崎城の鬼門に建立された」とのこと。
社殿や附属施設等が新しいものに改築されており,こまめに手入れされている神社であることがわかる。多数の境内社等がある。
境内林の樹叢はとても立派なもので,神秘的な雰囲気が漂う。
なお,香取神社の境内地を含む周辺一帯は,林遺跡と呼ばれる縄文時代の遺跡包蔵地となっている。香取神社の境内林の中に実際に立ち入って探査したわけではないので,単なる直観的な印象のようなものに過ぎないのだが,古墳時代以降の遺跡包蔵地でもあるように思われる。
また,香取神社の北東にある愛染院白鳥墓苑の周辺には,かつて,水原古墳群と呼ばれる古墳群が所在していたということになっている。ただし,現在では全て湮滅という扱いになっている。
香取神社と潮来カントリー倶楽部との間の路傍に道標のような古い石碑があった。

IMG_3711.JPG
香取神社入口付近


IMG_3714.JPG
鳥居


IMG_3721.JPG
拝殿


IMG_3725.JPG
拝殿の彫刻


IMG_3744.JPG
本殿


IMG_3745.JPG
本殿の彫刻


IMG_3723.JPG
参道に並ぶ御神燈・天王宮・供養塔など


IMG_3718.JPG
参道に並ぶ道祖神


IMG_3726.JPG
手水


IMG_3729.JPG
古い手水


IMG_3735.JPG
御嶽大神


IMG_3736.JPG
天照皇大神宮


IMG_3730.JPG
天照皇大神宮


IMG_3733.JPG
神木


IMG_3716.JPG
境内林


IMG_3698.JPG
香取神社のある森


IMG_3656.JPG
路傍にあった道標のような石碑

この記事へのコメント