水戸市加倉井町:妙徳寺と加倉井館跡

過日,日蓮宗・隠井山高在院妙徳寺(茨城県水戸市加倉井町)を参拝した。本堂の額には「妙徳精舎」と記されている。
日蓮宗の寺院としては,水戸市最古の寺院とされている。
妙徳寺の所在地は,波木井実氏(後の加倉井氏)の居城だった加倉井館の遺跡となっている。妙徳寺の境内北側にある墓地区画周辺には加倉井館のものと思われる土塁や空堀等が残されている。現在では痕跡のようなものが乏しくなってしまっているけれども,周辺の道路配置や地形等から推測すると,本来は,現在の境内地よりももっと大きな敷地をもつ館だったのではないかと想像した。

IMG_1855.JPG
山門前の水路


IMG_1851.JPG
山門


IMG_1853.JPG
山門脇にある加倉井館跡碑


IMG_1849.JPG
山門脇にある隠井山碑


IMG_1842.JPG
本堂


IMG_1843.JPG
七面大明神


IMG_1846.JPG
鐘楼


IMG_1839.JPG
梅の古樹


IMG_1866.JPG
土塁


IMG_1867.JPG
空堀

この記事へのコメント