茨城県久慈郡大子町矢田:仲山古墳群とその周辺(その3)

過日,仲山古墳群(茨城県久慈郡大子町矢田)を見学した。
仲山古墳群に関しては,測量調査と一部発掘調査が行われており,その調査結果は,大子町史編さん委員会編『大子町史料別冊(2) 大子町の遺跡と遺物-遺跡地名表・分布図-』(昭和56年)及び大子町史編さん委員会編『大子町史料別冊(VII) 仲山古墳群三号墳発掘調査報告書』(昭和61年)の中にまとめられている。
仲山6号墳を見学した日とは別の日に現地を再訪し,1号墳~5号墳及びその周辺を見学した。

仲山2号墳のすぐ南側に墓地区画があり,その墓地区画のすぐ南側に仲山3号墳がある。
仲山3号墳は,発掘調査が行われており,墳丘上に3基の石室が発見されている。その詳細は,『大子町史料別冊(VII) 仲山古墳群三号墳発掘調査報告書』の12~38頁及び巻末の図版の中で示されている。
『大子町史料別冊(VII) 仲山古墳群三号墳発掘調査報告書』の12頁によれば,仲山3号墳は,前方後円墳とされており,同頁の記載から判断すると,墳丘の北側にある墓地区画付近が前方部に該当すると判断されたようだ。この判断が正しいとすれば,仲山2号墳は,前方部端に接して造営されていることになるので,やや奇妙な考察結果だと考える。現在仲山2号墳とされているものは,仲山3号墳の前方部を掘削して墓地区画を造成した際に除けた残土のようなものである可能性がある。
なお,『大子町史料別冊(VII) 仲山古墳群三号墳発掘調査報告書』には仲山3号墳の後円部とされる部分の直径が記されていない。同報告書の8頁にある測量図のスケールを用いて計算してみると,後円部の直径は,約20mとなる。

IMG_1816.JPG
北の方から見た3号墳後円部


IMG_1786.JPG
東の方から見た3号墳後円部


IMG_1787.JPG
3号墳後円部の南端付近


IMG_1789.JPG
3号墳後円部の墳頂付近


3号墳所在地を通り過ぎて更に南下すると,細長い墓地区画がある。その墓地区画を通り過ぎると,4号墳がある。
『大子町史料別冊(VII) 仲山古墳群三号墳発掘調査報告書』の9頁によれば,仲山4号墳は,直径7mの円墳とされている。仲山4号墳の墳頂付近には石棺材と思われる石材が露頭している。


IMG_1792.JPG
北の方から見た4号墳


IMG_1793.JPG
東の方から見た4号墳の墳頂付近


IMG_1797.JPG
南の方から見た4号墳の墳頂付近にある石棺材


IMG_1799.JPG
南の方から見た4号墳


仲山4号墳所在地付近から先は,あまり人が歩いていないらしく,遊歩道に笹が生えていた。まだ遊歩道の痕跡があったので,それを頼りに先に進むと,仲山5号墳を見つけることができた。
『大子町史料別冊(VII) 仲山古墳群三号墳発掘調査報告書』の9頁によると,仲山5号墳は,仲山4号墳の南西約40mのところにあり,直径4m・高さ37cmの小さな円墳とされている。


IMG_1803.JPG
5号墳と思われる場所


以上が仲山古墳群を構成する古墳として公式に認められている古墳の全てなのだが,旧矢田小学校敷地(現在は住宅街)の北東隅付近に墓地区画があり,その墓地区画の北東の崖上に円墳様の地形がある。これまでも古墳ではないかとの指摘があった。私も古墳の可能性があると思う。


IMG_1746.JPG
旧矢田小学校敷地(現況は住宅街)の北東隅にある円墳様の地形



 大子町:仲山古墳群3号墳出土遺物
 http://www.daigo-bunkaisan.jp/mobile/page/page000020.html

この記事へのコメント