かすみがうら市牛渡:貯水施設付近に置かれていた石棺材?

かすみがうら市の房中公民館(茨城県かすみがうら市牛渡)の北東約300mの台地状に2基の大きな貯水槽のようなものが並ぶ施設がある。そのすぐ傍の鋭角になった三角形の交差点付近を通りかかった際,路傍に石棺材のようなものが置いてあるのを見つけた。石棺材であるかどうかは確実ではないけれども,たぶんそうだろうと思う。
仮に石棺材であるとして,それがどこで出土したものなのかは全くわからない。
所在地それ自体は,サイカチ遺跡と呼ばれる縄文時代,奈良・平安時代~近世の複合遺跡である遺跡包蔵となっているけれども,古墳時代の遺跡包蔵地ではない。古墳時代の遺跡としては,当の場所の北方近隣地に5基の円墳で構成される水ノ口古墳群が存在した。この古墳群を構成する古墳は,現在では全て湮滅してしまっている(現況は畑)。私が見た石棺材のようなものは,水ノ口古墳群から出土したものかもしれないけれども,ちょっと距離がある。
なお,房中公民館の周辺には房中古墳群と呼ばれる別の古墳群もある。今回は訪問しなかった。機会があったら訪問したいと思っている。

IMG_1618.JPG
貯水槽のような施設


IMG_1620.JPG
石棺材と思われるもの

この記事へのコメント