トノサマバッタ

先日,里山を散策中,トノサマバッタ(Locusta migratoria)を見た。散策中にはクルマバッタ(Gastrimargus marmoratus)やクルマバッタモドキ(Oedaleus infernalis)を見かけることが多く,トノサマバッタが減ってしまったかのような印象を受けていたのだが,今年はどうもそうでもないようだ。
なお,海外の諸国ではサバクトビバッタ(Schistocerca gregaria)等による食害が深刻な事態を生じさせているとのことなのだが,日本国内でも同じように大量発生がないとは断定できない。
ちなみに,中国では,ツマジロクサヨトウ(Spodoptera frugiperda)の大量発生による被害が発生しているらしい。日本国内でも既に発生している。

IMG_0342.JPG


IMG_0344.JPG

この記事へのコメント