稲敷市:三次古墳

過日,三次古墳(茨城県稲敷郡三次)を見学した。「三次」は「みつぎ」と読む。
三次古墳は,天台宗・東浄寺のすぐそば(北東側)にあり,佐々木憲一・田中裕編『続常陸の古墳群』(六一書房)の234頁によれば,直径13m・高さ3mの円墳とされている。実際に観てみると,道路等によって一部掘削されてはいるけれども,目測で直径20m前後の円墳のような形をしている。いばらきデジタルマップ上では「円墳か」との注記がある。要するに,古墳なのか塚なのかがまだ確定していない古墳ということなのだろう。
墳丘上には小さな神社または御堂がある。それがどのような性質をもつものなのか,よくわからなかったけれども,明らかに地元で大事にされている神社または御堂だと判断したので,敬意を表する趣旨で参拝した。

IMG_9690.JPG
北東の方から見た様子


IMG_9691.JPG
北の方から見た様子


IMG_9683.JPG
南西の方から見た様子


IMG_9687.JPG
墳頂の神社


IMG_9689.JPG
社殿右側の様子


IMG_9688.JPG
社殿左側の様子

この記事へのコメント