オオバノトンボソウ(続)

別の件で移動中,オオバノトンボソウの自生地の近くを通ったので,ちょっと寄ってみた。残念ながら,期待していた個体は,誰かに踏み付けられて無残な状態となっていた。 がっかりしながら,既にみつけていた別の個体を探してみた。何というか・・・これも踏み付けられていた。でも,どうにか復活しようと頑張っている。 気をと…
コメント:0

続きを読むread more

自宅のラン:ナゴランが開花

緑屋さんから頂戴した日本産のナゴラン(Phalaenosis japonica (Syn. Sedirea japonica))を大事に維持してきた。事情があって栽培にあまり力を入れることができない状態が続いているし,今後もしばらく続きそうなので,残念ながら,大株にしていっぱい花を咲かせたりすることはできない。地味にやっている。何年かぶ…
コメント:0

続きを読むread more

常陸太田市久米町:常光院と古墳

過日,曹洞宗・萬松山常光院(茨城県常陸太田市久米町)を参拝した。本尊は,延命地蔵菩薩。 常光院は,永享12年(1440年)に佐竹義人によって建立された寺院とのことで,境内には佐竹北家の墓所がある。また,山門手前には,弁財天がある。 常光院の境内西側一帯は,常光院古墳と呼ばれる古墳とされている。金砂郷村史編さん委員会編『金砂郷村史』(…
コメント:0

続きを読むread more

常陸太田市:馬場八幡宮と古墳

過日,馬場八幡宮(茨城県常陸太田市馬場町)を参拝した。祭神は,誉田別命。息長足比咩命・比咩大神を配祀している。 馬場八幡宮の境内地の外はすっかり開発されてしまっているけれども,境内地内だけは別で,立派な社殿と境内林が保存されている。 馬場八幡宮の境内林は,縄文時代~古墳時代~奈良・平安時代の馬場遺跡の遺跡包蔵地となっており,境内林の…
コメント:0

続きを読むread more