下妻市高道祖:桜塚古墳群

過日,桜塚古墳群(茨城県下妻市高道祖)を見学した。桜塚古墳群所在地の地名である「高道祖」は「たかさい」と読む。
桜塚古墳群を構成する古墳は,杉崎運輸株式会社北関東営業所の西100~200mくらいの範囲内に5基以上あったらしいのだが,現在では桜塚1号墳及び桜塚2号墳の2基の円墳しかみつけられないような状態となっている。桜塚3号墳は,湮滅したものと思われる。
茨城県教育委員会編『重要遺跡調査報告書Ⅰ』(昭和57年3月)の236頁によれば,桜塚1号墳は直径20m・高さ1.7mの円墳であり,墳上に稲荷神社があるとされており,桜塚2号墳は,直径20m・高さ2.0mの円墳であり,墳上に稲荷神社があるとされている。
桜塚1号墳と桜塚2号墳は現存しているのだが,比較的近いところにあり,現況ではほぼ同規模の円墳であり,しかも,どちらの墳上にも稲荷神社があるので,どちらが1号墳でどちらが2号墳なのか識別できなかった。そこで,下妻市千代川庁舎内にある生涯学習課の文化財担当係に問い合わせたところ,懇切丁寧に対応していただき,茨城県道214号沼田下妻線から古墳所在地に至る道に入って手前(南側)に位置するものが1号墳,奥(北側)に位置するものが2号墳との回答だった。

IMG_8865.JPG
南の方から見た1号墳と鳥居


IMG_8866.JPG
社殿


IMG_8868.JPG
手水


IMG_8873.JPG
西の方から見た1号墳


IMG_8869.JPG
東の方から見た1号墳


桜塚2号墳は,段丘縁に所在している。その所在地の更に北の方は段丘崖となっている。


IMG_8876.JPG
南の方から見た2号墳と鳥居


IMG_8881.JPG
南西の方から見た2号墳


IMG_8885.JPG
北東の方から見た2号墳


IMG_8890.JPG
2号墳所在地北側の段丘崖付近

この記事へのコメント