常陸太田市瑞龍町:白鷺神社と古墳(その1)

過日,白鷺神社(茨城県常陸太田市瑞龍町)を参拝した。祭神は日本武尊。多数の境内社がある。
白鷺神社を参拝した後,その周辺を拝見した。
なお,私が白鷺神社を訪問した時には社殿拝殿の屋根の改修工事中で,そのための足場が組まれていた。
工事を担当している親方らしき年配の方から白鷺神社の工事のことや最近担当したという非常に有名な寺院関連の工事に関してご教示いただくことができた。まことにありがたいことだと思う。その方によれば,年月の経過と共に社殿の屋根も傷むので,綺麗に塗装し直す必要があるのだそうだ。白鷺神社の社殿屋根は急勾配となっているので,その作業は,危険を伴うものであり,決して楽ではないだろうと想像する。工事完了後にはきっと素晴らしい状態となっているのに違いない。

IMG_8282.JPG
白鷺神社のある森


IMG_8201.JPG
階段と鳥居


IMG_8205.JPG
拝殿


IMG_8209.JPG
本殿


白鷺神社の境内地は,元は佐竹氏の館(今宮館)のあった場所であり,その土塁の一部が残されている。

IMG_8243.JPG
土塁跡の一部?


IMG_8276.JPG
土塁跡の一部?


また,境内地には4基の円墳で構成される白鷺古墳群がある。4基中の白鷺4号墳は,現在では北東側の参道となっている切通しとして掘削され,湮滅しているけれども,その名残りのようなものはある。

白鷺1号墳は,本殿の裏(南西)の林の中にあり,目測で直径約15m前後の円墳のように見える。墳頂には小さな神社が祀られている。参拝した。

IMG_8213.JPG
東の方から見た1号墳


IMG_8219.JPG
北の方から見た1号墳


IMG_8214.JPG
1号墳の墳頂の神社


白鷺2号墳は,社殿の右手(北側)にあり,墳丘の規模は1号墳と同規模と思われるけれども,南側半分くらいが掘削され,半円状となっている。
白鷺2号墳の墳頂付近には,素鷲神社と熊野神社があり,裾には境内社(厳島神社,雷神社,秋葉神社,天満宮等)がある。


IMG_8257.JPG
東の方から見た2号墳


IMG_8254.JPG
2号墳の墳頂付近


IMG_8250.JPG
境内社(厳島神社)


IMG_8252.JPG
境内社(雷神社)


IMG_8256.JPG
境内社(秋葉神社・天満宮)

この記事へのコメント