石岡市:石川古墳群(その3)

過日,石川古墳群(茨城県石岡市石川)を見学した。
石川3号墳~5号墳は,石川1号墳及び石川2号墳の所在地から西の方に少し離れて,台地の尾根付近にまとまって所在している。

茨城県石岡市教育委員会・石岡市遺跡分布調査会編「石岡市遺跡分布調査報告」(2001年)の33頁によれば,石川4号墳は,直径14.5m・高さ2.5mの円墳とされ,石川5号墳は,直径12.5m・高さ2.5mの円墳とされている。台地の尾根を東西に走る道の脇(南側)にあり,この道から見える。4号墳及び5号墳の所在地付近から西の方にちょっと歩くと,林が終わり,畑地となっている。

IMG_8107.JPG
東の方から見た4号墳及び5号墳所在地の森


IMG_8066.JPG
北西の方から見た4号墳


IMG_8064.JPG
北東の方から見た4号墳


IMG_8077.JPG
西の方から見た5号墳


IMG_8071.JPG
北の方から見た5号墳


IMG_8097.JPG
4号墳所在地付近から見える小美玉市方面の景色


石川3号墳は,石川4号墳の東にあり,直径6.5m・高さ1.5mの半壊の円墳とされている。その所在地付近を探してみたのだが,明瞭に墳丘の残部と認められるようなものは見当たらなかった。湮滅したのではないかと思う。

なお,この尾根上の道を歩いていると,土塁や空堀の残骸のようにも見える地形がところどころにある。中世の館(仲丸館?)の一部なのかもしれないが,現代に構築されたものかもしれず,よくわからない。


IMG_8103.JPG


IMG_8055.JPG


IMG_8104.JPG


石川古墳群を見学し終えた後,クルマを停めておいた井関農村公園(茨城県石岡市井関)の駐車場まで徒歩で戻った。途中の路傍に道祖神があった。その前で合掌した。


IMG_8114.JPG

この記事へのコメント