石岡市:石川古墳群(その2)

過日,石川古墳群(茨城県石岡市石川)を見学した。
石川2号墳は,石川1号墳のすぐ近く(北西)にあり,稲荷神社の基壇部となっている。稲荷神社を参拝した上で,その周辺を拝見した。鳥居の額には「正一位稲荷大明神」と記されている。
神社に登る階段の脇には古い板碑が左右に立てられている。神仏習合の時代を彷彿とさせるものなのだが,それらの板碑は,石棺材を二次利用したもののように見える。

茨城県石岡市教育委員会・石岡市遺跡分布調査会編「石岡市遺跡分布調査報告」(2001年)の33頁によれば,石川2号墳は,直径30m・高さ3.0mの円墳とされている。同じ台地の東端部分に2基の大きな円墳が並んでいることになる。

IMG_8020.JPG
一の鳥居


IMG_8023.JPG
二の鳥居


IMG_8024.JPG
階段と拝殿


IMG_8035.JPG
本殿


IMG_8026.JPG
階段左手の板碑


IMG_8029.JPG
階段右手の板碑


IMG_8037.JPG
境内社


IMG_8033.JPG
2号墳の墳頂付近から見える1号墳


IMG_8039.JPG
東の方から見た2号墳


IMG_8040.JPG
北東の方から見た2号墳


IMG_8043.JPG
北の方から見た2号墳


IMG_8050.JPG
西の方から見た1号墳と2号墳のある森

この記事へのコメント