かすみがうら市:かすみがうら市歴史博物館と屋外展示の石棺

過日,資料調査等の目的でかすみがうら市歴史博物館(茨城県かすみがうら市坂)を訪問した。
同博物館の駐車場には帆引き船が展示されているが,敷地内の庭のような場所には石造の文化財が屋外展示されており,その中に移築復元された箱式石棺がある。この石棺は,房中台古墳群の古墳から出土したものとのこと。
房中台古墳群は,牛渡牛塚古墳(茨城県かすみがうら市牛渡)所在地の北東~東に位置する台地上に分布し,2基の前方後円墳,1基の方墳及び7基の円墳の合計10基の古墳で構成される古墳群だったようなのだが,現況ではほぼ全部掘削されてしまっており,その残骸を見つけることもできないような状況となっている。
かすみがうら市歴史博物館で屋外展示されている石棺が房中台古墳群中のどの古墳から出土したものなのかについては,明確ではない。

DSC01086.JPG
博物館の建物


DSC01095.JPG
石棺の説明板


DSC01097.JPG
石棺


DSC01099.JPG
別の角度から見た石棺


DSC01100.JPG
別の角度から見た石棺


DSC01093.JPG
石塔と石仏


DSC01091.JPG
道標など


DSC01088.JPG
供養塔

この記事へのコメント