シャグマハギ

移動制限が解除されたこともあり,浮島方面に出かけて散策中,舗装道路の縁石の隅に妙な草が生えており,2cm前後の長さの花穂を出しているのを見つけた。近づいて観察してみると,何となくマメ科に属する帰化植物のように見える。帰宅してから帰化植物図鑑で調べてみた。どうやらシャグマハギ(Trifolium arvense)のようだ。 …
コメント:0

続きを読むread more

ウツギの花

散策していると,里山の畑の隅などでウツギ(Deutzia crenata)の白い花が咲いているのを見かけるようになってきた。新緑の時期が過ぎ,熱い夏へと向かっている。
コメント:0

続きを読むread more

栃木県芳賀郡芳賀町:七ツ塚古墳群

ロイヤルメドウゴルフクラブ(栃木県芳賀郡芳賀町給部)のゴルフコース内には七ツ塚古墳群(栃木県芳賀郡芳賀町上稲毛田など)を構成する古墳が保存されている。以前もクラブハウス前の駐車場付近にある古墳だけ見学したことがあったのだが,2020年4月初旬(緊急事態宣言発令前)に再訪し,ゴルフコースを少し入ったところにある古墳を見学した。 新型コロ…
コメント:0

続きを読むread more

宇都宮市:竹下浅間山古墳(復元石室)

2020年4月初旬(緊急事態宣言発令前)のことだが,竹下浅間山古墳の復元石室(栃木県宇都宮市竹下町)を見学した。 竹下浅間山古墳は,宇都宮市とびやま歴史体験館の東約500mのところにあり,全長52.5m・後円部直径41mの前方後円墳だったけれども,墳丘全部が掘削されてしまい,現存していない。現在,竹下浅間山古墳として公開されているのは…
コメント:0

続きを読むread more

宇都宮市:天子塚古墳

2020年4月初旬(緊急事態宣言発令前)のことだが,祥雲寺(栃木県宇都宮市東戸祭)の境内にある天子塚古墳を見学した。「天子」は「あまし」と読むようだ。 天子塚古墳は,祥雲寺境内古墳とも呼ばれ,全長約40m・後円部高さ6m・前方部高さ5mで,前方部を北西に向けた前方後円墳とされている。 天子塚古墳は,祥雲寺墓地のほぼ中心部にある小山の…
コメント:0

続きを読むread more