アオカモジグサの花とコメツキムシ

自宅周辺ではアオカモジグサ(Elymus racemifer)が開花し始めている。散策中,アオカモジグサの花を観察していたら,小さなコメツキムシの仲間が小穂にとまっているのを見つけた。たぶん,クシコメツキ(Melanotus legatus)またはその近縁種だろうと思う。 …
コメント:0

続きを読むread more

キショウブ

キショウブ(Iris pseudacorus)が開花している。キショウブは,欧州~西アジア原産の植物で,明治時代に園芸用として輸入され,栽培されていたものが逸出・野生化している。  侵入生物データベース:キショウブ  https://www.nies.go.jp/biodive…
コメント:0

続きを読むread more

石岡市:舟塚山古墳群13号墳・14号墳・15号墳

2020年3月中旬のことだが,舟塚山古墳群の13号墳,14号墳及び15号墳(茨城県石岡市北根元)を見学した。舟塚山古墳群は,石岡市の北根元地区と中津川地区にまたがって所在している。 舟塚山古墳群の13号墳,14号墳及び15号墳は,舟塚山16号墳(舟塚山古墳)の東~南東側に並んでいる。これらの古墳の更に東の段丘縁付近には10号墳(詳細不…
コメント:0

続きを読むread more

石岡市:舟塚山古墳群17号墳と18号墳

2020年3月中旬のことだが,神武社を参拝した後,舟塚山古墳群の17号墳と18号墳(茨城県石岡市中津川)を見学した。舟塚山古墳群は,石岡市の北根元地区と中津川地区にまたがって所在している。 舟塚山17号墳と18号墳を見学した後,舟塚山19号墳(直径17.8mの円墳)の方に行ってみた。段丘斜面上の竹林内にあるということなのだが,現況では…
コメント:0

続きを読むread more

石岡市中津川:神武社

2020年3月中旬のことだが,神武社(茨城県石岡市中津川)を参拝した。祭神は,神武天皇。南北朝時代に創建の神社とのこと。 神武社は,舟塚山16号墳(舟塚山古墳)の西約200mの段丘縁にあり,神武社のすぐ西の隣地には舟塚山20号墳がある。 神社の入口は,段丘の南側裾にあり,段丘崖にある階段を登ると鳥居があり,段丘縁に社殿等がある。地形…
コメント:0

続きを読むread more