ヒゴクサの花

先日,自宅近くの里山を散策中,ヒゴクサ(Carex japonica)が開花しているのを見つけた。果実が成熟すると識別しやすいのだけれども,この時期は,何度見ても「本当にヒゴクサかな?」と思ってしまう。まだまだ未熟・・・  花の日記:ヒゴクサ エナシヒゴクサ  http://nannjya…
コメント:0

続きを読むread more

トキワハゼ(白花)

先日,散策していたら,公園の芝生のようなところで普通のトキワハゼ(Mazus pumilus)に混じって白花があるのを見つけた。単に古くなって脱色しただけかもしれないとも思ったのだけれども,どう観察してもやはり白花のようだ。稀にあるらしい。
コメント:0

続きを読むread more

シロバナマンテマ

先日,散策していたら,歩道の隅でシロバナマンテマ(Silene gallica)のピンク色のタイプの花が咲いているのを見つけた。名前は「シロバナ」なのだが,白花のタイプのものとピンク色のタイプのものとがあるようだ。日中はかなり暑くなる場所と思われる。強い植物なのだろう。 …
コメント:0

続きを読むread more

水戸市下国井町:富士山古墳群

2020年3月中旬のことだが,七ツ洞公園(茨城県水戸市下国井町)を訪問した際、主として同公園の東側隣地・山林内に分布する富士山古墳群を見学した。古墳群中の1基の円墳は,七ツ洞公園内のダムDの北東端にある四阿のすぐ脇にある。 七ツ洞公園と山林との間には鉄線が張られていて出入禁止のようになっているけれども,山林の南東側の方には特に柵や立入…
コメント:0

続きを読むread more

水戸市下国井町:七ツ洞公園南の小山にある謎の古墳のようなもの

2020年3月中旬のことだが,七ツ洞公園(茨城県水戸市下国井町)を訪問した際,同公園の南側入口のすぐ南にある小山のようなところも散策した。この小山の頂上付近には四阿があり,展望台のようになっている。その四阿の脇には残土のようなものがあるけれども,四阿の敷地全体が古墳だったような印象を受ける。そして,この小山の南側斜面には戦時中の軍事施設…
コメント:0

続きを読むread more

水戸市:七ツ洞公園と古墳

2020年3月中旬のことだが,七ツ洞公園(茨城県水戸市下国井町)を訪問し,同公園内にある古墳所在地を見学した。 「七ツ洞」との地名は,複数の洞(横穴墓)が存在したことに由来するらしい。天明7年(1787年)に4基の横穴墓が発見され,昭和37年にその確認調査が実施されたものの,その後,周辺一帯が公園として整備されることになり,平成10年…
コメント:0

続きを読むread more