キンラン・ギンラン・ササバギンラン

キンラン(Cephalanthera falcata)に続き,ギンラン(Cephalanthera erecta)やササバギンラン(Cephalanthera longibracteata)が続々と開花しているだろうと期待し,昨日,知っている自生地の中の何か所かを回ってみた。知っている自生地の中には開発によって消滅したところもあり,残念…
コメント:0

続きを読むread more

ツボミオオバコ

先日,散策していたら,駐車場や公園内などでツボミオオバコが多数開花しているのを見つけた。 ツボミオオバコは,普通は閉鎖花だけあり,薄茶色の小さな板状の花弁を出しているだけで,葯を出さないとされている。しかし,私が観た個体の中には赤紫色の葯を出している個体がかなり多数あった。古くなって空になった葯は茶色をしている。地域差のようなものがあ…
コメント:0

続きを読むread more

スズメノチャヒキ

先日,散策中,ある空地でスズメノチャヒキ(Bromus japonicus)を観た。要するにどこにでもありそうな雑草のようなものなのだが,いざ探すとなると意外と見つけられない。この時は,たまたま生えている場所の前を通り,何となく気になってよく観たらスズメノチャヒキだった。  松江…
コメント:0

続きを読むread more

コウゾリナ

先日,自宅近くの里山を散策中,コウゾリナ(Picris hieracioides ssp. japonica)が開花しているのを見た。普通の人から見れば「ちょっと変わったタンポポ」くらいにしか見えないかもしれないが,タンポポとは相当に違う植物。以前はもっとあったように記憶している。少しずつ減ってきているのかもしれない。 …
コメント:0

続きを読むread more

笠間市:赤沢口古墳

2020年3月中旬のことだが,赤沢口古墳(茨城県笠間市飯田)を見学した。赤沢口古墳は,道路の分岐点のような三角形の場所にある不動尊の脇(西側)にあり,笠間市史編さん委員会編『笠間市史資料第5集 笠間市遺跡分布調査報告書』(1992年)の74~75頁によれば,直径5.9m・高さ1.9mの円墳とされている。 不動尊の入口付近には馬頭観世音…
コメント:0

続きを読むread more

栃木県芳賀郡益子町:荒久台古墳群3号墳

2020年3月初旬と2020年4月初旬(緊急宣言発令前)の2回にわたり,荒久台古墳群(栃木県芳賀郡益子町大字益子)を見学した。 荒久台古墳群は,天王塚古墳と呼ばれる1基の前方後円墳(1号墳)と17基の円墳(2号墳~18号墳)によって構成されている。益子町史編さん委員会編『益子町史第1巻 考古資料編』(昭和62年)の435~493頁の記…
コメント:0

続きを読むread more

栃木県芳賀郡益子町:荒久台古墳群2号墳

2020年3月初旬と2020年4月初旬(緊急宣言発令前)の2回にわたり,荒久台古墳群(栃木県芳賀郡益子町大字益子)を見学した。 荒久台古墳群は,天王塚古墳と呼ばれる1基の前方後円墳(1号墳)と17基の円墳(2号墳~18号墳)によって構成されている。益子町史編さん委員会編『益子町史第1巻 考古資料編』(昭和62年)の435~493頁の記…
コメント:0

続きを読むread more