ニホンミツバチ

先日,ホームセンターに必要なものを買いに出た際,そのホームセンターの生垣となっているツツジの花にミツバチの仲間がやってきていることに気づいた。あまり良い写真を撮れなかったのだが,たぶんニホンミツバチ(Apis cerana japonica)だろうと思う。
コメント:0

続きを読むread more

ゴミグモ

自宅近くの里山を散策しているとゴミグモの仲間の巣をみつけることがときどきある。ただ,これまであまり感心をもたなかった。 先日,ゴミグモ(Cyclosa octotuberculata)以外の種類が存在するのかどうかちょっと気になり,ちょうど観察に適した場所に巣を構築していたゴミグモを観察してみることにした。そのクモは,ゴミグモ(Cyc…
コメント:0

続きを読むread more

ヒガシニホントカゲ

散策していたら,トカゲと出逢った。以前はニホントカゲと表記しておけば問題なかったのだが,現在では西日本のニホントカゲ(Plestiodon japonicus)と東日本のヒガシニホントカゲ(Plestiodon finitimus)に分けられているので,やや面倒。私が観たものはヒガシニホントカゲの成体だろうと思う。
コメント:0

続きを読むread more

キンランとササバギンラン(続)

キンランとササバギンランについては既に書いた。気温が急激に高まっているので,あっという間に満開になって散ってしまうかもしれないと危惧し,今年見た一番の大株のキンランのある場所を再訪し,また,別の自生地を探してみた。 大株のキンランは,ほぼ満開で実に見事。よいものを観た。また,今年はキンランの当たり年らしく,あちこちでキンランが出ていた…
コメント:0

続きを読むread more

キツネアザミ

自宅近くの里山を散策していたら,キツネアザミ(Hemistepta lyrata)が開花していた。史前帰化植物の1つとされており,どちらかというとありふれた植物なのだが,じきに刈り取られてしまうかもしれないので,写真を撮ることにした。  西宮の湿生・水生植物:キツネアザミ  h…
コメント:0

続きを読むread more

アマドコロ

先日,里山を散策していたら,ナルコユリ(Polygonatum falcatum)アマドコロ(Polygonatum odoratum var. pluriflorum)が開花しているのを見た。 アマドコロは,庭や畑の隅などで栽培されていることがしばしばあり,特に斑入りの品種が珍重されるようだ。自宅の庭にも並品のアマドコロがあり,開花…
コメント:0

続きを読むread more

クサスゲ?

先日,里山を散策中,ヌカスゲ(Carex mitrata)に似た植物を見つけた。しかし,よく見ると,ヌカスゲとは少し異なる。たぶんクサスゲ(Carex rugata)ではないかと思うのだが,あまり自信はない。  三河の植物観察:クサスゲ 草菅  http://mikawanoyasou.o…
コメント:0

続きを読むread more

カラスビシャク

先日,散策中,カラスビシャク(Pinellia ternata)が開花しているのを見た。よく観ると,長く伸びた付属体の先端にとても小さなクモがいた。ハナグモの幼体と思われる。こんなところで獲物を捕まえられるのかどうか,よくわからないのだが,とても興味深い。 ちなみに,自宅の庭にもカラスビシャクがあるはずなのだが,まだ出ていない。 …
コメント:0

続きを読むread more

栃木県芳賀郡益子町:天王塚古墳

2020年3月中旬のことだが,益子参考館を見学した後,天王塚古墳(栃木県芳賀郡益子町大字益子)を見学した。 天王塚古墳へ至る道は,島岡製陶所の前を通り,島岡製陶所の左側(西側)から登る山道となっており,道なりにのんびりと歩いて行けば容易に到達できる。この山道の周辺は,荒久台古墳群の所在地となっており,この時と後日の2回にわたって現地を…
コメント:0

続きを読むread more

栃木県芳賀郡益子町:益子参考館

2020年3月中旬のことだが,益子参考館(栃木県芳賀郡益子町大字益子)を見学した。 益子参考館は,陶芸家(人間国宝)・濱田庄司氏の作品や自身が収集した工芸品等を展示する施設。建物は,濱田庄司氏が近隣の農家の建物等を購入し,移築・整備した上で,工房と接客用施設として使用していたものらしい。バーナード・リーチ氏と親しかったとのことで,その…
コメント:0

続きを読むread more

桜川市:長辺寺山古墳

2020年3月中旬のことだが,長辺寺山古墳(茨城県桜川市岩瀬)を見学した。 長辺寺山古墳は,桜川市岩瀬体育館ラスカの北にある長辺寺山頂上付近にあり,全長120m・後円部直径68m・後円部高さ7m・前方部長さ50m・前方部幅40mの前方後円墳とされている。 長辺寺山の北側半分くらいは昭和金属工業株式会社が所有しており,その所有地内に長…
コメント:0

続きを読むread more

ツルウメモドキの花

自宅近くの里山を散策していたら,段丘崖の林縁でフジの蔓とからまりながら別の丸い葉をつけた蔓が垂れ下がっており,葉の間に緑色の綺麗な花を咲かせているのを見つけた。どうやらツルウメモドキ(Celastrus orbiculatus)のようだ。風が強い日で蔓が大きく触れる状態だったので,左手で蔓を掴んで動かないようにし,右手だけの片手撮影でど…
コメント:0

続きを読むread more