栃木県下都賀郡野木町:御門古墳群

2020年3月中旬のことだが,御門古墳群(栃木県下都賀郡野木町南赤塚)を見学した。
野木町史編さん委員会編『野木町史 歴史編』(平成元年)の106~107頁によれば,御門古墳群は,地元では「五界塚」と呼ばれ,5基の古墳が存在したとされているけれども,現在では方墳1基(1号墳)と円墳3基の合計4基の古墳しか確認できないとのこと。御門古墳群の1号墳,2号墳及び3号墳は,同じ区画(現況山林)にまとまって所在している。この区画には,3基の古墳のほか,2基の塚もある。いずれも丁寧に管理されており,今後もそうしてもらえると,私のような見学者にとってとても助かると思う。

御門1号墳は,大塚古墳とも呼ばれ,1辺の長さ約23m・高さ約3.5mの方墳とされている。墳頂は平坦であり,稲荷神社が祀られている。参拝した。

IMG_4313.JPG
1号墳入口付近


IMG_4312.JPG
入口付近にある説明板


IMG_4320.JPG
南の方から見た1号墳


IMG_4319.JPG
東の方から見た1号墳


IMG_4318.JPG
北東の方から見た1号墳


IMG_4322.JPG
墳頂の稲荷神社(稲荷宮)


IMG_4323.JPG
墳頂にある1号墳の説明板


2号墳(円墳)と3号墳(円墳)は,1号墳の北の方に少し離れて並んでいる。
2号墳の脇には小塚状の地形部分がある。その小塚状の地形が何であるのかは,不明。


IMG_4330.JPG
東の方から見た2号墳(手前)と3号墳(奥)


IMG_4332.JPG
2号墳


IMG_4333.JPG
2号墳の脇にある塚状の地形


IMG_4340.JPG
南の方から見た2号墳と塚状の地形


IMG_4339.JPG
3号墳の方から見た2号墳と塚状の地形


3号墳は,円墳とされているものの,現況は前方後円墳のような形状をしている。もしかすると,2基の円墳を後に結合して1基の前方後円墳風に改変したものかもしれないと思った。


IMG_4335.JPG
東の方から見た3号墳


IMG_4337.JPG
3号墳の墳丘上にある山川不動尊など


IMG_4338.JPG
3号墳の墳丘上の様子


古墳のある区画の東側の道路に面して2基の塚がある。これらの塚が古墳なのかどうかは不明。塚上には天王宮等の石碑がある。


IMG_4328.JPG
北側の塚


IMG_4327.JPG
南側の塚


1号墳の入口付近の家ではヤギが飼われていた。古墳所在地には下草等が少なく,大いに助かる。このヤギ達のおかげではないかと思った。


IMG_4315.JPG


IMG_4324.JPG

この記事へのコメント