常陸太田市松栄町:鹿島神社と道場塚古墳

2020年4月初旬(緊急事態宣言発令前)のことだが,鹿島神社(茨城県常陸太田市松栄町)を参拝した。祭神は,建御雷之男神。
鹿島神社は,諏訪神社(茨城県常陸太田市中野町)と香仙寺及び善光寺横穴墓群(茨城県常陸太田市松栄町)との中間付近にあり,香仙寺のある台地の南端に位置している。
かつて,鹿島神社の北側にある台地上には鬼越古墳群という古墳群が存在した。しかし,いばらきデジタルマップ上では,昭和64年に自然湮滅した旨の記載がある。鹿島神社の境内地は鬼越古墳群の範囲内に含まれていない。しかし,あくまでも立地の問題としては,鹿嶋神社のある台地南端部分に古墳が存在したとしても何らおかしくないと思った。

IMG_8576.JPG
鳥居


IMG_8579.JPG
境内


IMG_8585.JPG
拝殿


IMG_8581.JPG
本殿


IMG_8582.JPG
境内社


IMG_8586.JPG
手水


鹿島神社の東約50mのところに道場塚古墳がある。
金砂郷村史編さん委員会編『金砂郷村史』(平成元年)の82~83頁によれば,昭和15~16年頃に河川改修工事のために土取りが行われ,後円部の3分の1程度しか残存していないけれども,推定で全長68m・後円部直径38m・後円部高さ7.6m・前方部幅20m・前方部高さ3.5mの前方後円墳だったらしい。
畑の中にあり,直接アクセスする方法はないようなので,公路からズームで写真を撮っておわりとすることにした。


IMG_8587.JPG

この記事へのコメント