常陸太田市:梵天山古墳群再訪(その4)

2020年4月初旬(緊急事態宣言発令前)のことだが,梵天山古墳群を再訪した。
5号墳と6号墳を見学した後,12号墳(円塚),9号墳(円塚・湮滅)の所在地,10号墳(南天塚・湮滅)の所在地などを見学した。7号墳(瓢塚)と11号墳(塚越塚)の所在地には行かなかった。

12号墳(円塚)は,もともと小さな円墳だったようなのだが,道路によって掘削され,ほぼ半壊状態にあり,一応墳丘だとわかる程度のものだった。推測だが,かつては,同程度の小さな古墳が多数あったのではないかと思う。

IMG_8461.JPG
南の方から見た12号墳


IMG_8466.JPG
南東の方から見た12号墳


IMG_8464.JPG
西の方から見た12号墳


IMG_8462.JPG
12号墳近くにあった供養塔など


9号墳(円塚)と10号墳(南天塚)は,既に湮滅している。10号墳所在地付近の路傍には馬頭観世音があった。10号墳の名残りのようなものではないかと思った。


IMG_8440.JPG


10号墳所在地付近の西側段丘崖付近には「島の百穴」と呼ばれる横穴墓群がある。
坂を降りてその場所にも行ってみた。公路から見える部分に関する限り,説明板の背後にそれらしきものがあるほかは,横穴墓だと明確に視認できるものは見当たらなかった。その大部分が既に湮滅しているのではないかと思う。


IMG_8445.JPG
島の百穴の説明板


IMG_8446.JPG
説明板の裏にある横穴墓らしきもの

この記事へのコメント