桜川市本郷:妙法寺

2020年3月下旬のことだが,天台宗・秋嶠山地蔵院妙法寺(茨城県桜川市本郷)を参拝した。本尊は,延命水引地蔵菩薩。創建は延暦年間とされており,本堂内に舜義上人の即身仏を安置する寺院として知られている。北関東不動第33番札所でもある。
関東地方では,即身仏は珍しいのではないかと思う。ただし,古代においては,即身仏ではないが,殯(もがり)の期間を通じて遺体を乾燥させ,ミイラ状態にしてから墓の中に安置したことがあったと推定される。このような葬礼の様式は,現在でも中国の少数民族の中に見られる。
山門と本堂との間に鐘楼門がある。中世の館もこのようなものだったのかと想像した。ただし,中世の館では,鐘楼ではなく物見櫓だったかもしれない。
どの建物もとても立派なものだった。境内の石仏や石碑などを拝見し,境内にある妙法稲荷を参拝した。

IMG_6695.JPG
妙法寺入口付近


IMG_6693.JPG
山門


IMG_6697.JPG
鐘楼門と本堂


IMG_6701.JPG
本堂


IMG_6696.JPG
不動明王


IMG_6703.JPG
不動明王


IMG_6707.JPG
観音像・供養塔など


IMG_6708.JPG
舜義上人入定石佛碑


IMG_6709.JPG
入定石佛


IMG_6711.JPG
妙法稲荷


IMG_6705.JPG
庭園内の築山

この記事へのコメント