稲敷市江戸崎:佐倉原古墳群(その2)

2020年3月下旬のことだが,佐倉原古墳群(茨城県稲敷市江戸崎)を見学した。

株式会社平山 LACC稲敷の敷地と東永段ボール有限会社の敷地を含む三角形の土地(茨城県稲敷市江戸崎佐倉)の中にある4基の古墳が2号墳,3号墳,4号墳のいずれかだということも確定できる。しかし,現況でも4基ある。5号墳は湮滅したと記されている資料があるけれども,下記の趣味の案件のサイトと同様,5基目の古墳を5号墳に該当するものと推定して考えることにした。
他の資料等と併せて考えると,この三角形の土地にある古墳中の東北端の所在するものが2号墳,南西端に所在するものが5号墳に該当すると考えて、ほぼ間違いはないだろうと思う。残りの2基の古墳中のどちらが3号墳でどちらが4号墳なのかは,おそらく稲敷市の担当部署でも今ではわからなくなってしまったことなのだろうと想像する。

そこで,このブログでは,2号墳と5号墳の間にあるものをA号墳,北西端に所在するものをB号墳と呼ぶことにした。A号墳とB号墳は,3号墳または4号墳のいずれかであることを意味する。

IMG_6337.JPG
5号墳(右)・A号墳(中央)・2号墳(左)所在地付近


佐倉原5号墳は,佐倉原2号墳とほぼ同程度の大きさ及び高さの円墳で,墳丘上には樹木が繁っているけれども,近くに行くと墳丘の様子を見学できる。


IMG_6391.JPG
西の方から見た5号墳


IMG_6340.JPG
北西の方から見た5号墳


IMG_6350.JPG
北東の方から見た5号墳


IMG_6346.JPG
5号墳の墳頂付近


A号墳は,5号墳の北東に隣接している。直径3m前後の小さな墳丘のようなものが残されている。この古墳は,元はもっと大きな古墳だったけれども,墳丘の大部分が掘削され,消滅したのかもしれない。


IMG_6358.JPG
南西の方から見たA号墳


IMG_6385.JPG
西の方から見たA号墳


IMG_6360.JPG
墳丘上の樹木の根元付近



B号墳は,イーモバイルの無線アンテナ付近にある。
茨城県教育委員会編『重要遺跡調査報告書I』(昭和57年3月)の171頁にある図から推測すると,B号墳は,元は2号墳や5号墳よりも大きな規模の円墳だったけれども,4分の3くらいの部分が削平され,現存するのは4分の1程度の部分だけのように思われる。現況は,円墳のように見えるが,よく見ると,南側と東側が削平されていることがわかる。


IMG_6362.JPG
南東の方から見た電波塔(右手前)とB号墳(中央奥)


IMG_6330.JPG
西の方から見たB号墳


IMG_6383.JPG
東の方から見たB号墳


IMG_6401.JPG
北西の方から見たB号墳


B号墳近くの路傍に供養塔が立てられていた。このあたりに湮滅した古墳があったのかもしれない。


IMG_6332.JPG
十九夜供養塔?



 趣味の案件:稲敷市佐倉原古墳群
 https://ankenna.blog.fc2.com/blog-entry-169.html

この記事へのコメント