稲敷市江戸崎:佐倉原古墳群(その1)

2020年3月下旬のことだが,佐倉原古墳群(茨城県稲敷市江戸崎)を見学した。

佐倉原古墳群を構成する古墳の所在地に関しては,1号墳を除き,資料によって残存古墳の基数及び古墳の付番が区々になっている。
茨城県の遺跡地名表には1号墳と2号墳だけが記載されている。
茨城県教育委員会編『重要遺跡調査報告書I』(昭和57年3月)の171頁には,佐原古墳群が7基の古墳で構成されている旨が記されており,古墳群中の4基の古墳の配置図(1号墳を除く)があり,現況と一致しているが,この配置図にある墳丘のどれかが2号墳だと理解することが可能なだけで,個別には付番が記載されていないので,どの墳丘が何号墳に該当するのかわからない。この配置図にある4基と1号墳の合計5基と総数7基の差分である2基の所在地は,全くわからない。湮滅したものと思われる。
稲敷市教育委員会・イーモバイル株式会社・有限会社山武考古学研究所「稲敷市埋蔵文化財調査報告書4 佐倉原古墳群」(平成20年3月)には,上記の配置図の範囲内の場所に3号墳と4号墳が所在することが文字で書かれているけれども,同報告書には配置図が付されていないので,どの墳丘が3号墳または4号墳に該当するのかわからない。
他の関連資料中の記載には相当の混乱が含まれている。例えば,稲敷市教育委員会・有限会社イシイリース・有限会社日考研茨城「稲敷市埋蔵文化財調査報告書第3集 茨城県稲敷市青宿遺跡発掘調査報告書」(平成20年3月)の18頁には,佐倉原古墳群が4基の円墳で構成され,1基湮滅との記載があるから,残存円墳の総数が3基とならざるを得ないが,この記載は,明らかに現況と大きく相反する。このほか,5号墳を湮滅とする資料もある。
資料に関しては,以上のような状況にある。

茨城県立江戸崎総合高等学校(茨城県稲敷市江戸崎甲)の南東の段丘縁上に所在する古墳が佐倉原1号墳であることについては諸々の資料間に齟齬がないので,これを『重要遺跡調査報告書I』(昭和57年3月)の171頁にある佐倉原1号墳として確定できる。
ただし,いばらきデジタルマップ上では,「佐倉原古墳群7号墳」を「外浦古墳」として独立させたと書かれている。つまり,現行の付番は,『重要遺跡調査報告書I』(昭和57年3月)の171頁の記載とは無関係のものである可能性があるが,茨城県教育委員会からはその関連の詳細資料がWeb上等で公表されていないので,現状においては,基本的には誰も真相を知ることができないような状況になっている。存在するかどうかもわからない謎の資料を前提とすることはできないので,このブログでは,『重要遺跡調査報告書I』の記載を尊重することにした。
なお,一般論として,いばらきデジタルマップは,「Webサイト等による行政情報の提供・利用促進に関する基本的指針(2015年(平成27年)3月27日各府省情報化統括責任者(CIO)連絡会議決定)」を完全に遵守しているとは思われない。この決定を全く無視しているとしか理解できない栃木県教育委員会よりはずっとマシとはいえ,いばらきデジタルマップには大規模な改善が必要だと判断した。

佐倉原1号墳(外浦古墳)は,直径40m・高さ6mの円墳とされている。ただし,墳頂付近が大きく掘削されており,そこに稲荷社が祀られている。この稲荷社を参拝した上で,周辺を拝見した。

IMG_5968.JPG
1号墳の墳頂にある稲荷社


IMG_5969.JPG
手水


IMG_5972.JPG
南の方から見た1号墳


IMG_5962.JPG
南東の方から見た1号墳


IMG_5963.JPG
東の方から見た1号墳


IMG_5956.JPG
北の方から見た1号墳


IMG_5960.JPG
1号墳所在地付近から見える景色


IMG_5964.JPG
茨城県立江戸崎総合高等学校の校門付近


次に,株式会社平山 LACC稲敷の敷地と東永段ボール有限会社の敷地を含む三角形の土地(茨城県稲敷市江戸崎佐倉)の中にある4基の古墳が2号墳,3号墳,4号墳のいずれかだということも確定できる。しかし,現況でも4基ある。5号墳は湮滅したと記されている資料があるけれども,下記の趣味の案件のサイトと同様,5基目の古墳を5号墳に該当するものと推定して考えることにした。
他の資料等と併せて考えると,この三角形の土地にある古墳中の東北端の所在するものが2号墳,南西端に所在するものが5号墳に該当すると考えて、ほぼ間違いはないだろうと思う。残りの2基の古墳中のどちらが3号墳でどちらが4号墳なのかは,おそらく稲敷市の担当部署でも今ではわからなくなってしまったことなのだろうと想像する。


IMG_6407.JPG
西の方から見た2号墳~5号墳所在地


佐倉原2号墳は,直径9m・高さ3mの円墳とされているが,南西側の3分の1が掘削されているように見える。


IMG_6364.JPG
南西の方から見た2号墳


IMG_6379.JPG
西の方から見た2号墳


IMG_6368.JPG
北の方から見た2号墳


IMG_6372.JPG
北東の方から見た2号墳



 趣味の案件:稲敷市佐倉原古墳群
 https://ankenna.blog.fc2.com/blog-entry-169.html

この記事へのコメント