ひたちなか市:笠谷古墳群(その3)

2020年3月下旬のことだが,十五郎穴横穴墓群(茨城県ひたちなか市中根)の笠谷支群を見学した後,笠谷支群のある台地の上に所在する笠谷古墳群を見学した。笠谷古墳群を構成する古墳の配置図は,ひたちなか市教育委員会,公益財団法人ひたちなか市生活・文化・スポーツ公社編「十五郎穴横穴墓群-東日本最大級の横穴墓群の調査-」(2016)の59頁にある。

笠谷6号墳の前方部北側に隣接して笠谷5号墳がある。笠谷5号墳は,直径15m・高さ2.0mの円墳とされている。ただし,南側半分以上が掘削され,半壊状態となっている。笠谷5号墳の北には笠谷2号墳が位置している。

IMG_6227.JPG
東の方から見た6号墳前方部(左)と5号墳残存部(右)


IMG_6228.JPG
南西の方から見た5号墳残存部


IMG_6229.JPG
西の方から見た5号墳残存部


笠谷7号墳は,笠谷6号墳の南東の林の中に所在し,全長28m・後円部直径15m・前方部幅15mの前方後円墳とされている。小型ながら,綺麗な形をした墳丘が残されていると思った。
実際には降りてみなかったので確実ではないが,笠谷7号墳の北東の方を通る小路を進み,南東の方に降りると,十五郎穴横穴墓群の笠谷支群V区付近の民家敷地内に至るようだ。


IMG_6246.JPG
北東の方から見た7号墳の全景
(右が前方部・左が後円部)


IMG_6250.JPG
北の方から見た7号墳の全景
(右手前が前方部・左奥が後円部)


IMG_6243.JPG
後円部端付近の様子
(左下は段丘崖・笠谷支群IV区付近)


笠谷古墳群を見学した後,虎塚古墳群のあるひたちなか市埋蔵文化財調査センターの駐車場の方に戻った。
駐車場に戻る途中の路傍に馬頭観世音があった。


IMG_6278.JPG
馬頭観世音

この記事へのコメント