ひたちなか市:十五郎穴横穴墓群(その2)

2020年3月下旬のことだが,十五郎穴横穴墓群(茨城県ひたちなか市中根)を見学した。
十五郎穴横穴墓群は,虎塚古墳群周辺に所在するかなり大規模な横穴墓群であり,最新の調査結果は,ひたちなか市教育委員会,公益財団法人ひたちなか市生活・文化・スポーツ公社編「十五郎穴横穴墓群-東日本最大級の横穴墓群の調査-」(2016)にまとめられている。
今回は,一般人でも見学可能な範囲内で,十五郎穴横穴墓群のほぼ全域を歩いて回り,見学した。

十五郎穴横穴墓群は,これまでの調査研究史の中で異なる区分もなされてきたけれども,同報告書の中では横穴墓群全体が概ね3つの区域に分けられている。館出支群は横穴墓群全体の中央に位置し,館出支群の北の方に指渋支群があり,館出支群の西の方に笠谷支群がある。これらの支群は,それぞれ更に細かく区分されている。

指渋支群は,虎塚古墳(1号墳)のある台地の東~南東の段丘崖に分布している。指渋支群は,更にI区~VIに区分されている。主としてVI区付近を見学した。

指渋支群のVI区には115基の横穴墓が知られており,測量の際に新たに1基の横穴墓がみつかったとのことなのだが,VI区に所在する横穴墓の大部分は,ビニールシートのようなもので覆われており,見学できないような状態にあった。まだ調査継続中であることから,遺跡を保護するための措置のようだ。

IMG_6033.JPG
東の方から見た館出支群所在地(左)と指渋支群VI区所在地(右)


IMG_6035.JPG
南東の方から見た指渋支群全景
(右端が指渋支群I区・左端が指渋支群VI区)


IMG_6042.JPG
南西の方から見た指渋支群VI区全景


IMG_6036.JPG
東の方から見た指渋支群VI区東端付近


IMG_6039.JPG
南の方から見た指渋支群VI区東端付近


IMG_6038.JPG
シートのない横穴墓部分


指渋支群VI区付近を見学した後,館出支群の南西の方にある笠谷支群に向かい,水田の中の農道を歩いた。
その途中で,館出支群のII区~VII区の所在地が見えた。直接にアクセスできる道路はなさそうなので,近くには寄らなかった。


IMG_6084.JPG
館出支群II区所在地(右端)~VI区所在地(左端)


IMG_6101.JPG
館出支群III区~V区付近移動中に見えた横穴墓遺跡の保護用土嚢


IMG_6111.JPG
西の方から見た館出支群VIII区付近

この記事へのコメント