埼玉県入間郡毛呂山町:川角古墳群再訪(その3)

2020年3月中旬のことだが,川角古墳群(埼玉県入間郡毛呂山町川角)を再訪し,埼玉医科大学川角キャンパスの西側の森(延慶の板碑のある森)の中にある古墳を見学した。

川角6号墳は,川角5号墳の北西にあり,直径14.8m前後の円墳とされている。墳頂付近には石が立てられている。石棺材または石室材ではないかと思われる。城西大学が発掘調査をし,鉄鏃や土器等が出土した古墳なるものは,この6号墳に該当するのではないかと推定されている。

IMG_5643.JPG
南東の方から見た6号墳


IMG_5645.JPG
別の方角から見た6号墳


IMG_5647.JPG
6号墳の墳頂付近にある石


川角8号墳は,川角6号墳の南にあり,直径8.9m前後の円墳とされている。埼玉県入間郡毛呂山町教育委員会編『毛呂山町の遺跡-遺跡詳細分布調査報告書-』(1988年)の30頁によれば,「石室破壊,側壁露出」とのこと。川角古墳群に含まれる残存古墳の大多数が既に盗掘されているように思われる。


IMG_5650.JPG
北の方から見た8号墳


IMG_5654.JPG
北東の方から見た8号墳


IMG_5658.JPG
南東の方から見た8号墳


IMG_5659.JPG
頭上の木々


川角8号墳のすぐ南のあたりに川角1号墳~川角2号墳~川角4号墳~川角7号墳の南東側を通る山道の分岐点があり,その分岐点のところに馬頭観世音菩薩がある。この馬頭観世音菩薩のある場所から南東側に川角9号墳,10号墳,11号墳,12号墳及び13号墳が所在していることになっている。


IMG_5660.JPG
山道の分岐点付近


IMG_5661.JPG
馬頭観世音菩薩


川角7号墳は,馬頭観世音菩薩のある場所の北東(川角5号墳の南)にあり,直径11m前後の円墳とされている。


IMG_5677.JPG
南西の方から見た7号墳


IMG_5679.JPG
南の方から見た7号墳と山道


馬頭観世音菩薩の場所から川角1号墳の方に向かう小路をはさんだ北東側の方に2基の古墳がある。半壊状態のものが川角10号墳に該当し,比較的良好に墳丘が残っているものが川角9号墳に該当するのではないかと思われる。川角9号墳は,直径10.9m前後の円墳,川角10号墳は,直径9.7m前後の円墳(墳丘の半分以上湮滅),川角11号墳は,直径9.5mの円墳とされている。川角11号墳は,よくわからなかった。また,川角12号墳と13号墳の所在地付近には行かなかった。


IMG_5666.JPG
西の方から見た10号墳


IMG_5664.JPG
10号墳の墳頂付近


IMG_5668.JPG
西の方から見た10号墳(右)と9号墳(左奥)


IMG_5671.JPG
北の方から見た9号墳


IMG_5673.JPG
北東の方から見た9号墳


IMG_5674.JPG
11号墳所在地付近


川角古墳群を構成する古墳の中でまだ観ていないものが何基かある。更に再訪しようと思っていたところ,緊急事態宣言の発令となってしまった。
しばらくの間,待たなければならない。


IMG_5705.JPG
1号墳~13号墳のある区画の入口付近

この記事へのコメント