シナレンギョウの花

レンギョウの仲間の花があちこちで咲いている。レンギョウの仲間を見分ける識別点は,花のない時期には葉の形状なのだが,花の時期には雄蕊の形状となっている。 散策していたら,シナレンギョウ(Forsythia viridissima)と思われる植物の花が咲いていた。その場で私が観たものは,単独で植栽されていたのだけれども,綺麗。 レンギョ…
コメント:0

続きを読むread more

下妻市大宝:敵返不動尊~中の塚古墳

過日,敵返不動尊(茨城県下妻市大宝)を参拝した。敵返不動尊は,大宝八幡宮の北側にあり,大宝八幡宮と同様,元は大宝城の一部を構成するものだったと思われる。不動尊の御堂の脇には別の御堂がある。 不動尊の東側には一見すると古墳のようにも見える小山があり,その頂上には墓地がある。この小山は,現在では道によって分断されているけれども,元は大宝城…
コメント:0

続きを読むread more

下妻市小島:稲荷神社と古墳

過日,稲荷神社(茨城県下妻市小島)を参拝した。この稲荷神社は,元は段丘縁付近のゆるやかな斜面だった場所にあるが,道路工事等のために南側が掘削され,コンクリートの擁壁で固められている。 また,この稲荷神社の基壇部は,お玉稲荷古墳と呼ばれる古墳とされているのだが,現況では湮滅ではないかもしれないけれども,ほぼそれに近い状態にあると理解すべ…
コメント:0

続きを読むread more

下妻市下栗:稲荷神社

過日,稲荷神社(茨城県下妻市下栗)を参拝した。古い集落の中にある。由緒書によれば,元は鈴木氏の氏神だったところ,村内に神社がなかったため,天保年間に村社としたものとのこと。 稲荷神社の境内には,幾つかの石祠と板碑などがある。元は大日如来または不動明王を彫ってあったものかもしれないけれども現在では読めなくなってしまっており,日と月の形だ…
コメント:0

続きを読むread more

筑西市黒子:駒塚古墳

過日,駒塚古墳(茨城県筑西市黒子字駒塚)を見学した。駒塚古墳は,関東鉄道常総線黒子駅の西約150mのところにあり,黒子西通りの東側に位置している。 駒塚古墳は,御嶽山古墳とも呼ばれ,平成10年に測量調査が実施されたらしいのだが,その報告書をまだ入手していないので,詳細は不明。 現況は,目測で直径15m前後の円墳のように見える。墳丘の…
コメント:0

続きを読むread more