茨城県東茨城郡茨城町駒場:香取神社と古墳

過日,香取神社(茨城県東茨城郡茨城町駒場)を参拝し,同社の社殿背後(北側)にある古墳を拝見した。香取神社の祭神は,経津主神。鳥居の額には「香取大明神」と記されている。社殿はとても立派なもので,驚いた。本殿は茅葺で,古式を残す極めて貴重なものとなっている。 香取神社の社殿背後にある古墳は,香取神社古墳と呼ばれ,円墳とされている。目測で直…
コメント:0

続きを読むread more

茨城県東茨城郡茨城町:栗山古墳群

過日,栗山古墳群(茨城県東茨城郡茨城町木部)を見学した。栗山古墳群は,諏訪神社古墳1号墳の南東約100mのところにある。 栗山古墳群は,2基の円墳によって構成されている。1号墳は,民家敷地内にあるけれども,その民家の前を東西に通る狭い道路から見ることができる。 栗山古墳群の1号墳は,直径36m・高さ5mの円墳とされており,墳丘の…
コメント:0

続きを読むread more

茨城県東茨城郡茨城町:諏訪神社古墳群再訪

過日,諏訪神社古墳群(茨城県東茨城郡茨城町木部)を再訪した。 この古墳群は,かなり重要な古墳群であるのにも拘らず,茨城県考古学協会編『茨城の考古学散歩-茨城県考古学協会30周年誌』(平成22年)には収録されていない。茨城町史編さん委員会編『茨城町史 地誌編』(平成5年)199頁には1号墳~5号墳までの記述があり,図15-1にその配置概…
コメント:0

続きを読むread more

茨城県東茨城郡茨城町:どうろく神塚古墳群

過日,どうろく神塚古墳群(茨城県東茨城郡茨城町上飯沼)を見学した。 どうろく神塚古墳群は,飯沼城跡の南約100mの段丘縁~段丘斜面にある。かつては2基の円墳で構成されていたらしいのだが,現存するのは円墳1基だけとなっている。保存状況は良好で,墳頂にどうろく様(円筒埴輪を連想させる祠の一種)が祀られている。詳細は不明だが,目測で直径15…
コメント:0

続きを読むread more

茨城県東茨城郡茨城町:飯沼城跡

過日,飯沼城跡(茨城県東茨城郡茨城町上飯沼)を見学した。飯沼城跡は,福性寺の隣地(東側)にある。現在残されているのは主郭と土塁だけだと思われるが,それだけでも立派なもので,かつては福性寺の境内地,南側にある駐車場,北側にある学校敷地等も城の範囲内だったようなので,往時においては大規模で堅固な城だったのではないかと考えられる。南北朝時代に…
コメント:0

続きを読むread more

茨城県東茨城郡茨城町:福性寺

過日,天台宗・三池山普門院福性寺(茨城県東茨城郡茨城町上飯沼)を参拝した。紅葉が美しいことで有名な寺院とのこと。 縁起等の詳細は不詳ながら,飯沼城と関係する寺院であることは疑いなく,室町時代以降の貴重な文化財が多数残されている。本堂や山門等は趣のある立派なものだった。 しばし散策し,境内にある庭園等の冬の姿や古い石塔・石仏などを拝見…
コメント:0

続きを読むread more

我孫子市湖北台:八幡神社

過日,八幡神社(千葉県我孫子市湖北台)を参拝した。祭神は,誉田別命・速須佐之男命。八幡太郎義家ゆかりの神社で,天文年間に芝原城主となった河村出羽守はこの社を居城の鎮守としたとのこと。本殿の彫刻は,立派なものだった。 これまで経験してきたところによると,八幡太郎義家ゆかりの神社の境内には古墳または塚が存在する確率が比較的高い。無論,後代…
コメント:0

続きを読むread more

ツルニチニチソウ

散策していたら,ツルニチニチソウが開花しているのを見つけた。園芸用に輸入され,増えて野生化した帰化植物の一種で,今では結構あちこちで見かけるようになってきた。私の推測では,命名が功を奏して普及した園芸植物の1つではないかと思う。
コメント:0

続きを読むread more