石岡市:舟塚山20号墳

今日は雨模様なので,雑用を済ませた後,昨年撮ったまま放置していた写真を少し整理していた。 昨年8月初旬に訪問した舟塚山古墳群(茨城県石岡市北根本)で撮った写真の中に,舟塚山20号墳の写真があり,まだアップしていなかったことに気づいたので,アップすることにした。 舟塚山20号墳は,神武神社の北約20mのところにあり,直径9.5m・高さ…
コメント:0

続きを読むread more

柏市:大堀川の河岸で観た鳥

先日,千葉県柏市柏下と千葉県柏市北柏との間を流れ手賀沼に注ぐ大堀川南岸にある遊歩道(北柏橋付近~柏ふるさと公園付近)を散策した。柏市は,その大部分が市街化してしまっているとはいえ,まだ自然が残っているところがある。この大堀川にも少しだけ自然が残っており,水面の鳥,河岸の鳥,木の枝の鳥,枯れた葦原の中の鳥など,様々な鳥を観ることができた。…
コメント:0

続きを読むread more

埼玉県児玉郡美里町:広木大町古墳群

過日,広木大町古墳群(埼玉県児玉郡美里町広木)を見学した。 塩野博『埼玉の古墳 児玉』(さきたま出版会)の168~224頁によれば,美里町の大町地区及びその周辺地域に多数の古墳が存在したということなのだが,その大半が既に掘削された遺構となっており,現在,少しでも墳丘のあるものとしては,両子塚古墳(前方後円墳)と24基の円墳だけが残され…
コメント:0

続きを読むread more

本庄市児玉町:庚申塚古墳

過日,庚申塚古墳(埼玉県本庄市児玉町秋山)を見学した。 庚申塚古墳は,秋山1号墳とも呼ばれ,直径約34mの円墳とされている。横穴式石室があり,開口している。石室上部には明かりとりのために小さな窓状の開口部のようなものが設けられているけれども,これは現代に構築されたもの。 古墳正面 説明板 石室内の…
コメント:0

続きを読むread more

栃木県河内郡上三川町:多功大塚山古墳

過日,多功大塚山古墳(栃木県河内郡上三川町多功)を見学した。 多功大塚山古墳は,多功1号墳とも呼ばれ,元は直径約40m・高さ約5~6mの円墳様の形状を示していたらしいのだが,発掘調査の結果,一辺53.8mの方墳だということ,幅5mの周溝があったこと,石敷きの前庭部があったことが判明している。かなり大きな方墳だと言える。 現在では墳丘…
コメント:0

続きを読むread more

栃木県河内郡上三川町:兜塚古墳石室

過日,兜塚古墳石室(栃木県河内郡上三川町上三川)を見学した。 この石室は,兜塚古墳(上三川3号墳)と呼ばれる直径約40m・二段築成の円墳の石室なのだが,現在では墳丘が全部失われ,石室だけが残されたような状態となっている。明治13年に発掘が行われ,土器や勾玉等が出土し,その後に墳丘破壊が行われたものとのこと。 石室の所在地は,ローソン…
コメント:0

続きを読むread more