ハナアブの仲間

散策していたら,ナノハナが群れ咲いている場所を通りかかった。よく観ると,ハナアブの仲間がいっぱいやってきている。何種類かいるのだが,なかなかうまく撮影できない。帰宅してから画像を整理してみたら,何枚かハナアブの仲間が撮影できていた。ただし,微妙に疑問な部分があり,確実な同定ができない。 ナミハナアブ ナミハナアブ…
コメント:0

続きを読むread more

ヒメオドリコソウ

散策しているとヒメオドリコソウ(Lamium purpureum)が開花しているのをしばしば見かける季節となった。欧州原産の帰化植物なのだが,完全に定着しているのだろうと思う。
コメント:0

続きを読むread more

ジンチョウゲ

里山のようなところで散策していたら,とても良い香りが漂ってきた。よく見ると,畑の片隅でジンチョウゲ(Daphne odora)が花を咲かせている。農家の人が仏花とするために植えているものかもしれない。
コメント:0

続きを読むread more

ネコノメソウ

里山のようなところを散策していたら,段丘崖の山道でネコノメソウ(Chrysosplenium grayanum)と思われる野草が花を咲かせているのを見つけた。図鑑的な意味での標準的なネコノメソウとは少し異なる特徴があるように思うが,たぶん個体差の範囲内なのだろうと思う。ネコノメソウの仲間は,春が本番となる季節の少し前に花を咲かせるものが…
コメント:0

続きを読むread more

本庄市児玉町:長沖32号墳

過日,長沖32号墳(埼玉県本庄市児玉町児玉南)を見学した。長沖32号墳は,全長32mの前方後円墳とされている。復元・整備の上で,長沖古墳公園内に保存されている。 長沖32号墳の近くには他にも大型の前方後円墳があったようなのだが,住宅地開発等により湮滅し,児玉町の児玉南地区に残る大型の前方後円墳は長沖32号だけとなってしまったようだ。長…
コメント:0

続きを読むread more

群馬県邑楽郡板倉町:道明山古墳

過日,道明山古墳(群馬県邑楽郡板倉町岩田字道明)を見学した。 道明山古墳は,伊奈良村3号墳とも呼ばれ,元は全長約36mの前方後円墳だったと考えられているが,前方部は掘削により完全に消滅しており,現況は直径約24mの後円部の一部が残るだけの状態となっている。公道の方から見ると円墳があるように見える。 北東の方から見た様子 …
コメント:0

続きを読むread more

太田市市場町:八幡神社と水神神社

過日,八幡神社(群馬県太田市市場町)を参拝した。地味な神社なのだが,境内には境内社の石祠や石碑等がある。 境内地には古墳の葺石に使われるような河原石が非常に多かった。ただし,現在のところ,八幡神社の境内地は古墳または古墳所在地として指定されていない。もっとも,八幡神社の所在地は渡良瀬川にかなり近いところなので,これらの河原石は,過去に…
コメント:0

続きを読むread more

太田市:白山神社と古墳

過日,白山神社(群馬県太田市市場町)を参拝し,同社の基壇部となっている古墳を拝見した。祭神は,菊理比咩命。鳥居の額には「白山宮」と記されている。 正面から見た白山神社の姿は,何となく,八坂神社(茨城県つくば市北条)と似ていると思った。 白山神社の基壇部となっている古墳は,白山神社古墳と呼ばれ,直径22.7mの円墳とされている。神社正…
コメント:0

続きを読むread more