桐生市相生町:愛宕神社と古墳

過日,愛宕神社(群馬県桐生市相生町)を参拝した。祭神は,火産霊神。本地佛は,勝軍地蔵。愛宕神社の社殿の額の下にその写真が掲示されていた。境内社として,八幡神社,稲荷神社及び白滝神社がある。
また,境内には,慶応4年(1868年)に江戸相撲第九代目横綱秀ノ山雷五郎勝義が奉納したという相撲土俵がある。保護のためにブルーシートで覆われていた。
愛宕神社の本殿の基壇部は,古墳とされている。ただし,未調査のため詳細は不明であり,また,かなり掘削され,変形しているらしく,墳形なども確定していないようだ。現況は,方墳または長方形墳のように見える。元は直径20~30m程度の大きな円墳のような古墳または塚だったのではないかと思う。

IMG_8928.JPG
鳥居


IMG_8930.JPG
境内


IMG_8937.JPG
拝殿


IMG_8941.JPG
本殿


IMG_8964.JPG
境内社(八幡神社)


IMG_8942.JPG
境内社(稲荷神社)


IMG_8944.JPG
境内社(白滝神社)


IMG_8953.JPG
古い墓石など


IMG_8932.JPG
手水


IMG_8946.JPG
本殿背後から見た様子



 神社ぐだぐだ参拝録:愛宕神社(相生町二丁目)
 http://glassesmaiden.blog81.fc2.com/blog-entry-1761.html

この記事へのコメント