本庄市児玉町:飯玉神社と古墳

過日,飯玉神社(埼玉県本庄市児玉町長沖)を参拝した。祭神は,宇迦之御魂命。鳥居の額には「正一位飯玉大明神」と記されている。
飯玉神社の拝殿の前には狛犬と狐の両方があり,興味深い。
本殿裏に多数の境内社がある。本殿の北東には境内社として稲荷神社がある。
飯玉神社の境内には,長沖古墳群を構成する3基の古墳がある。

IMG_8364.JPG
一の鳥居


IMG_8369.JPG
二の鳥居


IMG_8372.JPG
拝殿


IMG_8373.JPG
本殿


IMG_8367.JPG
由緒書


IMG_8378.JPG
本殿裏の境内社


IMG_8380.JPG
石棺材?


IMG_8370.JPG
欅の巨樹(神木)


飯玉神社の本殿の東側に遥拝所がある。長沖44号墳と呼ばれ,直径10mの円墳とされている。遥拝所の前で一礼した。


IMG_8375.JPG
南の方から見た遥拝所(長沖44号墳)


IMG_8392.JPG
東の方から見た遥拝所(長沖44号墳)


本殿の北東側に境内社として稲荷神社がある。その基壇部は,長沖45号墳と呼ばれ,直径約5mの円墳とされている。実際には5m以上あるように見えるので,盛ってあるのかもしれない。参拝した。


IMG_8391.JPG
稲荷神社の鳥居


IMG_8389.JPG
南の方から見た稲荷神社(長沖45号墳)


IMG_8396.JPG
北西の方から見た稲荷神社(長沖45号墳)


飯玉神社の背後には土塁のような形状をしており,本殿北側には上記の多数の境内社や石棺材のようなものが並んでいる。この土塁のようなものは,本殿造営のために掘削された結果そのような形状になったものらしく,北側~北西側の方からその部分を観ると,結構大きな円墳のように見える。この本殿背後の土塁のような部分は,長沖46号墳と呼ばれ,直径約12mの円墳とされている。


IMG_8382.JPG
飯玉神社本殿背後の土塁のように見える部分


IMG_8399.JPG
北東の方から見た様子


IMG_8400.JPG
北の方から見た様子


なお,飯玉神社の東の方の川岸近くの段丘崖にあった長沖27号墳,長沖28号墳及び長沖43号墳は,いずれも湮滅したようだ。

この記事へのコメント