ひなまつり

雛祭りは3月3日と決まっている。雛祭りで用いられる雛飾りが古墳に並べられた埴輪群像の変化したもので現代まで伝承されているものだということについて既に書いた。そういうめんどうくさいことは一応措くことにして,雛祭りにちなむイベント等が各地で行われている。 先日,遺跡の資料を調べるために上高津貝塚ふるさと歴史の広場(考古資料館)に寄ったら,…
コメント:0

続きを読むread more

足利市:法楽寺と足利義氏墓所

過日,曹洞宗・正義山法楽寺(栃木県足利市本城)を参拝した。現在の本堂は,銀閣寺を模したものだそうだ。 法楽寺は,足利氏3代目棟梁・足利義氏の開基による寺院とされ,境内にはその墓所がある。説明板によれば,足利義氏の墓所とは古い石塔のことを指すと理解するしかないが,そこには他の石塔(墓石)も並んでおり,その背後に小型で葺石のある円墳のよう…
コメント:0

続きを読むread more

足利市助戸:定年寺と古墳

過日,曹洞宗・虎嘯山定年寺(栃木県足利市助戸)を参拝した。堂宇はとても立派なものだった。普照殿の彫刻は,非常に優れたものだと思う。広い境内地をもち,本堂の裏にある山の斜面が墓地となっている。 定年寺裏の山の上の方は古墳群となっている。古墳の大部分は既に墳丘がなく,あるいは,素人にはそれが古墳だと認識できないようなものだ。しかし,助戸山…
コメント:0

続きを読むread more

群馬県邑楽郡板倉町:稲荷神社古墳

過日,稲荷神社古墳(群馬県邑楽郡板倉町大字大高嶋)を訪問した。稲荷神社古墳は,高鳥天満宮のすぐ近くにあり,その名のとおり,墳丘上に稲荷神社があるので,その稲荷神社を参拝した上で,周辺を拝見した。 稲荷神社古墳は,一見すると平坦な農地のように見え,墳丘があるようには見えない。しかし,よく見ると,古墳の雰囲気が若干残されている。そして,発…
コメント:0

続きを読むread more

群馬県邑楽郡明和町:江黒古墳

過日,江黒古墳(群馬県邑楽郡明和町上江黒)を見学した。江黒古墳は,直径約10m・高さ約3mの円墳とされている。道路により一部掘削されてしまっているけれども,墳丘が概ね残されているほうだろうと思う。墳頂には稲荷大明神の祠がある。 かつて,上江黒周辺には他にも古墳があったらしいのだが,現在では宅地や商用地になってしまっており,現在では江黒…
コメント:0

続きを読むread more

ノボロギクなど

畑のある地域を散策しているとノボロギク(Senecio vulgaris)を見かけることがしばしばある。欧州原産の帰化植物で,明治時代に日本にやってきた植物とされている。一般的には5~8月に開花するとされている。しかし,関東地方に関する限り,場所によっては年中開花しているように見える。根絶は不可能と思われる。昨日も散策中に見つけた。 …
コメント:0

続きを読むread more