前橋市粕川町:西塚古墳

過日,西塚古墳(群馬県前橋市粕川町月田)を見学した。西塚古墳は,鏡手塚古墳のすぐ東にある。
西塚古墳は,粕川村43号墳とも呼ばれ,全長約20mの前方後円墳とされている。
鏡手塚古墳と現代の墓地との間に饅頭型の墳丘のようなものがあり,この部分が西塚古墳の後円部なのだろうと思った。笹薮が厳しかったため,墳丘には登っていない。古墳のある森の南西端のあたりに途中で途切れる山道のようなものがあったので,少しだけ入ってみたところ,一部掘削されたような墳丘残のようなものがあった。最初は独立の円墳かとも思ったけれども,位置関係からすれば,たぶん,これが西塚古墳の前方部に該当するのではないかと思う。全体としては,帆立貝式前方後円墳のような形状をしているように思う。
ただし,もしかすると,西塚古墳(粕川村43号墳)と鏡手塚古墳(粕川村44号墳)とを取り違えて説明板と標識が立てられているのではないかとの疑問をもったけれども,その標識の所在地を尊重すれば,鏡手塚古墳のすぐ東にある古墳が西塚古墳(粕川村43号墳)であることになるので,現時点では,そのようなものとしておくことにする。

IMG_4204.JPG
北の方から見た後円部と思われる部分


IMG_4143.JPG
北西の方から見た後円部と思われる部分


IMG_4190.JPG
前方部の一部ではないかと思われる部分


IMG_4137.JPG
北の方から見た古墳のある森
(左手(西側)が鏡手塚古墳・右手(東側)が西塚古墳)

この記事へのコメント