桐生市:武井廃寺塔跡と五郎稲荷神社

過日,武井廃寺塔跡(群馬県桐生市新里町武井)を見学した。実際には墳丘様の土台の上に礎石(塔の心礎)様の円錐状の加工石が1つあるだけ。下記の桐生市のサイトの説明によれば,三段の八角形墓が発掘されたことから,奈良時代の火葬墓との見解が有力になっているとのこと。現在,礎石のある墳丘様の土台の部分がその八角形墓の所在地と思われる。
あくまでも私的な想像としては,墳墓の上に大きな供養塔を立てたということ,あるいは,他所から塔の礎石だけを持ってきて八角形墳墓の上に置いたということもあり得ることだと思う。そして,仮に周辺地域に何らかの寺院が存在していたとして,その寺院の建物等それ自体は,この地を支配していた有力氏族が移動した際,二次利用のために,礎石や柱材等のほぼ全部が他所に移動してしまったということがあり得る。その寺院は,中塚古墳等の被葬者を供養するための菩提寺のようなものだったのではないかと思われる。中塚古墳の被葬者にしろ八角形墓の被葬者にしろ,相当高位の有力者でなければそのような立派な墓所を造営できるわけがないので,それらの墳墓と被葬者を守護・供養するための寺院(菩提寺)または何らかの施設が近隣に建設されていたと推定する方が自然だと思う。
武井廃寺跡に隣接して五郎稲荷神社がある。参拝した。鳥居の額には「五郎稲荷大明神」と記されている。

IMG_4054.JPG
武井廃寺跡であることを示す標石


IMG_4060.JPG
階段


IMG_4059.JPG
塔の礎石とされている加工石材


IMG_4055.JPG
五郎稲荷大明神鳥居


IMG_4057.JPG
五郎稲荷大明神社殿


一般に,日本国内にあまたある大規模墳丘墓の中には石室のないものがある。石室があっても,最初から石棺がなかったと断定できるものもある。戦乱等の結果,その地の氏族が滅亡してしまったということもあり得るだろう。その他,何らかの理由により,墳丘墓を造営途中で放棄してしまったという場合もあり得る。
他方で,対唐戦に出陣したまま帰還できなかった武人や若者達を供養するため,墳墓として予定されていた場所に何らかの施設を設け,毎年供養を営み続けたということもあったのではないかと思われる。
一般に,遺骨や遺品等が全く出土しない墳丘のようなところは,遺灰を埋納するだけの火葬墓として利用されていた場所や遺骨や遺灰を土葬するための共同墓地のような場合もあったのに違いないが,もともと忠魂碑や記念塔のようなものを立て,海の向こうで亡くなった祖先や村の若者達のことを偲び,想うための場所であったものがあり得ると考える。
武井廃寺塔跡遺跡の敷地内には日露戦没記念碑が立てられている。


IMG_4063.JPG
日露戦没記念碑



 桐生市:指定史跡武井廃寺塔跡
 http://www.city.kiryu.lg.jp/kankou/bunkazai/1010700/kunishitei/1001987.html

この記事へのコメント